2012年07月11日

福島第一原発からの粒子拡散予想動画

http://www.meteocentrale.ch/ja/weather/weather-extra/weather-in-japan.html

福島の原子力発電所から粒子がどの方向に拡散するかの予想
1500m、500m、10mと高度ごとに色分けされている

2012.7.11水曜
ラベル:映像 災害 原発
posted by 堀内悟 at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

オーストラリアABCの映像:4号機燃料プールの危険性について



オーストラリアABCの報告
ARTEのドキュメンタリーと同じように4号機の核燃料の危険性を強調している

燃料プールの水がなくなり冷却できなくなるとメルトダウンで既に放出された量の10倍のセシウムが放出される
風向きによっては東京に住むことができなるかもしれない
だから一刻も早く燃料棒を取り出すべきである(小出裕章氏)

燃料プールは地上30メートルの位置にある
建屋の補強をした人の話では工事はずさんだった(鈴木智彦氏)

元駐スイス大使の村田光平氏はまず隠し、先延ばしし、誰も責任を取らない組織の体質を日本の病だと語っている

2012.7.5木曜
ラベル:原発 事故
posted by 堀内悟 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

フクシマ−最悪事故の陰に潜む真実

http://www.dailymotion.com/video/xpzmuo_yyyy-yyyyyyyyyyy_news

仏独共同の国営放送局ARTE「フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実」
(日本語字幕あり)

米国原子力規制委員会は4号機の燃料プールを最も危険視している
使用済み核燃料自体が燃焼した場合は20万人の死者が出る
福島では100万人のがん患者が生じるだろう

上杉隆氏、『ヤクザと原発 福島第一潜入記』の鈴木智彦氏も登場する


ラベル:事故 災害 原発
posted by 堀内悟 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

東日本大震災:レシートが感光

昨年の3月東日本大震災発生後4日以内に起こったことを二つ書いておく

大きな机の上に置いてあったスーパーのレシート(感光紙であるらしい)
ふと見るとそれが黒ずんでいた
黒ずみは一様ではなくカビがまばらに生えたようだった

おそらくこれは放射線によるものだろう
レシートの位置は窓から約一メートル

原発事故後関東地方にはかなり濃い放射性物質が降下した
そのようにいわれている

もう一つ
この時期頭がむくむような感覚があった
これも放射線の影響だろう

2012.5.15火曜

追記 2012.6.25
福島県南相馬市では原発の爆発後レントゲン感光紙が勝手に感光し意図しないレントゲン写真ができあがる状態だったそうである。
http://kotobasagashi.way-nifty.com/bochi/2012/05/post-80fd.html
したがって上の私の記事の内容は勘違いではないと考える。

X線フィルム撮影画像に黒点が発生する現象について
富士フイルム株式会社
http://logsoku.com/thread/hato.2ch.net/lifeline/1305937354/
posted by 堀内悟 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

2012年4月11日のスマトラ大地震と数秘術

今月11日にスマトラ島沖で大地震が起こった
マグニチュード8.6

私は4月4日にツイッターに以下の文章を投稿した
陰謀論と数秘術の見地からすると4月11日も要警戒だと考えられる。
昨年3月11日から13ヶ月目だから。

https://twitter.com/#!/hyogoro/status/187354744967266304

私の危惧は的中してしまった
この大地震が人為的なものだと疑う余地があると考えられる

3月11日から13ヶ月目
これを数字にすると
31113
真ん中に鏡を立てたような形になる
前から読んでも後ろから読んでも31113
さらに真ん中の111を足すと333
666の半分である

インドネシアは世界最多のイスラム教徒を抱えている
アチェ州には独立問題がある
もしもスマトラの大地震が人為的なものならば
その目的はインドネシアの政情不安の維持およびそれによる
経済発展の停滞ではないだろうか

今回指摘した数秘術に従うと
次に警戒すべき日は2012年4月11日の14ヵ月後(41114)
それは2013年6月11日になる
2013を足すと6
6と11をかけると66
合わせると666
今回の地震よりも大きな災害が襲うかもしれない
備えが必要である

2012.4.23月曜
posted by 堀内悟 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

311東北地方太平洋沖地震は三連発

東日本大震災の発生から一年が過ぎた
原因の大地震について再確認すべきことがある

まず確認すべきなのは
この地震は大きな地震が少なくとも三回立て続けに起こったもの
であること

マグニチュード9といわれているけれど
これは超巨大地震が一回だけドーンと起こったのではない

巨大地震がドン、ドン、ドンと起こったのだ

2011年3月13日の気象庁の会見を絶対に見てほしい
http://www.youtube.com/watch?v=onPwJSZUGOA

2014年1月27日追記
上のものは再生できなくなっていたので下の動画を見てください
https://www.youtube.com/watch?v=OhTwIJp35bc

この会見で分かるように複数回の巨大地震のエネルギーをまとめて
マグニチュード9になるということなのだ

それから震源の深さについても確認しよう
陰謀論をめぐる議論の一つの焦点にもなっている問題だ

ウィキペディアにも載っているように震源の深さは24キロメートル
と公表されている
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%8C%97%E5%9C%B0%E6%96%B9%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E6%B2%96%E5%9C%B0%E9%9C%87

しかし米国地質調査所(USGS)は地震発生当日以下のように発表した
MAP 7.9 2011/03/11 05:46:24 38.322 142.369 24.4 NEAR THE EAST COAST OF HONSHU, JAPAN
MAP 7.9 2011/03/11 05:46:00 38.000 142.900 10.0 NEAR THE EAST COAST OF HONSHU, JAPAN

http://www.abovetopsecret.com/forum/thread672514/pg1

震源の深さが10キロから24キロに変更されたと考えてよい

どういう事情があったのだろう

この変更は分析対象となる地震を変えたことによるのではないか
(気象庁の会見の中のグラフを参照)
連動型地震だけにこの点を確認しなければいけないだろう

ウィキペディアによると
国土地理院が発表したこの地震の地震断層モデルによると
震源域の上端は深さ5.1キロ、下端は深さ40キロ
この中間がちょうど深さ約24キロになるのである

http://www.gsi.go.jp/common/000060175.pdf

この地震では断層破壊が浅い所から深部へ徐々に移行したと研究されている

地震兵器説を採用するならばファーストインパクトを与えた場所は
24キロよりもずっと浅い場所だったということになるだろう

2012.3.21水曜
ラベル:地震 災害
posted by 堀内悟 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

ウィリアム・コーエンの発言の解釈について

 地震兵器を含む気象兵器の存在を訴えている人たちがその根拠の一つとしているウィリアム・コーエン国防長官の発言について誤解があるようなのでここで訂正したい。

国防長官の発言
http://www.defense.gov/transcripts/transcript.aspx?transcriptid=674

 わたしはまず日本語訳を読んだ後にこの原文をすばやく眺めただけだったので誤読してしまっていた。

 最近、原田実氏と何回かTwitter上で意見を交換した際にこの誤解に気づいた。

 原文を邪念なく読めば、電磁波を使った気象改変もまたアルビン・トフラーその他による種々の報告書に見られる陰謀、政府機関を麻痺させる偽の脅威の一例として挙げられていることが分かる。

 したがってわたしも含め、この発言を気象兵器の存在を国防長官が直接認めたものだとみなしてきたのは間違いであった。

 しかし、コーエンのこの発言は気象兵器の存在を否定したわけではないということも重要である。

 気象兵器は確かに実在する。先日浜田和幸政務官が国会で答弁したように、これは国際常識である。アメリカの国防長官が気象兵器の存在を知らないわけがない。

 このことを鑑みると、コーエンは気象兵器も各種の偽の脅威の一つとして片づけたかったのではないかというふうに考えられる。

2011.7.27水曜
posted by 堀内悟 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

浜田和幸政務官国会答弁で地震兵器は常識と発言



7月11日みんなの党の柿沢未途議員の質問への答弁。気象兵器は国際常識だと明言した。

スロウ忍ブログは浜田氏には米国右派の後ろ盾があるのだと見ている。
http://surouninja.seesaa.net/article/215123395.html

2011.7.16土曜
posted by 堀内悟 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

ほくろが増えた─放射性物質の漏出を早く止めよ

気づいたのはひと月ほど前だろうか
左腕の前腕の中央部にほくろができた
直径は約1ミリ

元々ほくろが多い方なのだが
福島原発から漏れている
放射性物質の作用もあるのではないか

まとまった時間外出すると
体がだるくなる
気力も低下する

個々の筋肉の疲労ではなく
体の免疫システム全体が
低調になるのを感じる

これでは安心して
一日中外を歩き回る
ことはできない

今だに放射性物質の拡散が
続いていることは
認め難き現実だ

止めろ
止めろ
閉じ込めろ

真夏にマスクを着けたくない

2011.7.6水曜
ラベル:原発 健康 災害
posted by 堀内悟 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

ニュージーランドの地震速報サイト

GeoNetのニュージーランド地震速報
http://www.geonet.org.nz/earthquake/quakes/recent_quakes.html

これを見ると現在でも震源の深さ10キロ未満の地震が頻発している
きわめて不自然なことではないのか?
人工地震ではないのか?

2011.6.18土曜
posted by 堀内悟 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

東日本大震災:発生直前震源上の大気と電離層に異変

財経新聞─東日本大震災直前に震源上の大気と電離層に異常が?
http://www.zaikei.co.jp/article/20110520/72651.html

 NASAゴダード宇宙飛行センター(GSFC)の研究チームによる震源域の電磁気活動の観測結果にもとづく記事。

・電離層における電子量が劇的に増加
・大気の温度上昇を示す赤外線放射も急増
 地震数時間前に最大値を記録
 原因はラドンガスの放出と推定

 この事実は東日本大震災が地震兵器によって起こされたという説を直接強化するものではない。しかし、地震と電離層の状態の間に強い相関関係があることを示すものなので注目すべきだ。
 特に「地震数時間前に赤外線放射が最大になった」ことが重要だ。これは地震の結果ではなくその原因である可能性があるからだ。この点間接的にHAARP=地震兵器説を強化する。

2011.6.2木曜
posted by 堀内悟 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

環境改変兵器禁止条約の存在から言えること

同志社大学─環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約条文

 ウィキペディアから引用すると、

1977年5月18日、軍縮NGOの「環境制御会議(Environmental Modification Convention)」において気象兵器を制限する環境改変兵器禁止条約(環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約。Convention on the Prohibition of Military or Any Other Hostile Use of Environmental Modification Techniques。略称はENMOD)がジェノバにおいて締結された。

同条約に日本は1982年6月4日に国会承認をはたし、批准した。 同条約にはアメリカ合衆国も調印し、米国国防軍には1978年10月5日に適用された。

 この条約の存在は何を語るのか。
 それは地震兵器を含む気象兵器がけっして絵空事ではなく、実際に禁止条約を定めなくてはいけないほどの現実性があるということだ。
 気象兵器は、小説家がふと思いついただけの空想ではなく、すでに実在するか、あるいはいつでも開発が可能な状態にある代物だということだ。

 だから、地震兵器をとんでも扱いするのは無理がある。まして地震兵器の存在を訴える人を狂人扱いすることは断じて許されないことなのである。

2011.5.28土曜
posted by 堀内悟 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京のマスク着用率1割に満たず

 5月23日(月)に山手線と京浜東北線に乗って乗客のマスク着用率を目測したところ、5%にも満たなかった。
 21時台の京浜東北線では視界に入った約40人の中にマスクをつけた者は一人もいなかった。

 観察した時間帯は17時および21時台。
 17時台 川崎→品川 品川→新宿
 21時台 新宿→品川 品川→川崎

2011.5.28土曜

追記 2012.6.28



2011年4月27日には川崎市内で1マイクロシーベルトを超えた
0.5マイクロシーベルトを超えたらコンクリートの建物に屋内退避しなくてはいけないといわれている
広報が不足していたと考えられる

http://togetter.com/li/288714
posted by 堀内悟 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

TBC東北放送ラジオがHAARP=地震兵器説を放送していた



放送内容のテキスト
http://anond.hatelabo.jp/20110502224905

TBC東北放送ラジオの「デイクリック」がHAARPについて伝えていた。HAARPが地震兵器であることを明言している。

2011.5.24火曜
posted by 堀内悟 at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

ニュージーランド大地震=HAARP説の証拠ビデオ



大震災がHAARPによるものだと主張する人は虹色の雲を証拠に挙げている
このビデオにはその雲が写っている
しかもHAARPのアンテナから電光が出る場面まである

2011.5.9月曜
posted by 堀内悟 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

ロード・オブ・ザ・リング:ミナス・モルグルの緑色光はHAARP?

昨夜DVDで映画『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』を見た。
ミナス・モルグルという死の都が出てきた
この都から不気味な緑色の光が上空に向けて放射される場面があった
らせん状に立ち上る光の渦

これは今でいうHAARPではないだろうか?
現実界のHAARPの光が何色なのか知らないが
緑色はオーロラと同じであることに注意すべきだ
HAARPの正式名は高周波活性オーロラ調査プログラム

Wikipedia HAARP

この映画の撮影はニュージーランドで行われた
ニュージーランドは今年2月22日大震災に遭った
2011.2.22→22222

東日本大震災は2011.3.11
9月11日のきっかり半年後
数字を足すと18→666

3月11日は2月22日の17日後
11 13(2+11) 17
これらの日付には素数が含まれている

こういったもろもろの要素を総合すると
一連の大震災は人為的なものである可能性が高い
そういわざるをえない

2011.5.7土曜
posted by 堀内悟 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

ベンジャミン・フルフォード氏ラジオ日本で気象兵器説に言及

 4月29日(金)、ラジオ日本「マット安川のずばり勝負」にベンジャミン・フルフォード氏が出演し、東日本大震災が地震兵器(津波兵器)によるものだと明言した。実行者としてフリーメイソンを想定している旨も語った。

 今回の大震災についてマスコミの番組が地震兵器との関係を取り上げるのを確認したのは個人的に初めてだった。

 聴取者のメッセージの中にも地震兵器についてふれたものが二、三あった。

 YouTubeではフルフォード氏が外国の番組で同様の発言をした部分の録音も公開されている。

2011.5.2月曜
posted by 堀内悟 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

民主党梶川ゆきこ元議員が人工地震説を主張

梶川ゆきこ議員のTwitter
http://twitter.com/#!/yukiko_kajikawa

人工地震に触れたツイート
http://twitter.com/#!/yukiko_kajikawa/status/61585252744830976

梶川議員は広島県会議員。地方議員とはいえ政権与党の議員からこのような発言が出たことは注目すべきだ。

2011.4.25月曜

訂正 2011.5.15日曜
梶川ゆきこさんは元県会議員。
posted by 堀内悟 at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

福島の放射性物質拡散予想図

http://www.weatheronline.co.uk/weather/news/fukushima?LANG=en&VAR=zamg

阿修羅のトップページに以前掲載されていた拡散予想図

2011.4.12火曜
ラベル:原発 放射能
posted by 堀内悟 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

NASAが推奨、放射線による発病を防ぐにはビタミン

Discovery News-Radiation Worrying You? Take a Vitamin
http://news.discovery.com/human/radiation-vitamins-nuclear-nasa-110321.html

宇宙飛行士は原発労働者よりも深刻な放射線リスクを負っている
NASAはビタミンサプリメントの摂取を勧めている
とにかく栄養失調にならないことがとても大事!
栄養失調になると放射線の害がもろに現れる

という内容の記事

とても重要な情報だと思う

疑問がひとつ、

野菜は食べなくてもよいのだろうか
ビタミンの錠剤だけで事足りるのだろうか

野菜を食べることには
抽出成分だけを摂取していては得られない効能が
あるのではないだろうか

疑問がまたひとつ

日本の野菜が上の疑問が無意味となるほど
汚染されていないかどうか気になる

2011.3.28月曜
posted by 堀内悟 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。