2007年05月18日

宇宙エレベーターで往復

 警察からタクシーで帰ってきた後非現実的な想像にとらわれた。感覚もおかしかった。たとえばうどんをはしでつまんだときうどんが自ら動いてはしに巻きつくように見えたりした。一瞬のことなのだがはっと夢から覚めたような感覚がフラッシュのように起こり、うどんの方が動くように見えた。
 それから強化カーボンみたいなものでできた宇宙エレベータが完成していて実は多くの人間が宇宙空間と地球上をひっきりなしに往復しているのではないかという妄想も否定し切れなかった。
 そして町の中にある植物がどれもこれもよくできた人工物に見えた。本物の葉っぱがよくできた模造品のように見えてしかたなかった。
 すべての数字が暗号に思える状態も続いていた。朝の散歩をしながら駐車してある自動車のナンバープレートを注意深く読み取り、自分へのメッセージに変換した。
 インターネットに接続する度に、ポートを叩いてくるIPアドレスを監視し、そのアドレスをメッセージに変換した。わたしはそのメッセージに従い、近くのラーメン店に出かけた。そして餃子を注文したが、勘定を実際に支払うかどうかかなり迷った。なぜならメッセージはその店ではただで飲食できると伝えていたからである。わたしの理性があと少しでも低下していたら無銭飲食をしてしまい、警察にメッセージのことを口にし、精神異常者として病院に収容されていただろう。横浜への逃亡中に通行人を殴らなかったこととあわせてほんとうにあぶないところだった。
(2007.5.18)
ラベル:妄想
posted by 堀内悟 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

仄めかしのあったスレッド

 ほのめかしがあった2ちゃんねるのスレッドはすべて閲覧不可能な状態になっているようだ。事件当時にクラッシュしたようだ。

 佐藤聖子なんて無名うんぬんと書かれたスレッドもない。
posted by 堀内悟 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

2ちゃんねるでのほのめかし

 以前2ちゃんねるで私のプライバシーに関するほのめかしが集中的におこなわれたことはすでに書いたが、それが関係妄想ではなく確かなものであることの証拠を一つ思い出した。
 私が使用しているパソコンのホスト名を掲示板の流れとはまったく関係がないところで唐突に書かれていたのである。
 クラッキングされていたのだろう。私がいつインターネットに接続し、どのようなURLを参照しているのか、すべて把握されていたのだろう。

 電磁波被害者のサイトの中には国家を疑う者は的外れだと書いているところもあるが、私の場合はヘリコプターの追跡のこともあり、国家機関が動いた例だと思われる。幻聴や幻覚に準じた異常な体験(意識が急にぼうっとしたり急にはっと覚醒したりする)も一時的なものに終わったということもそれを裏付けるのではないか。
posted by 堀内悟 at 20:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

USAは8千万人

 アメリカでは8千万人がインプラントされているそうだ。
 このサイトはマスコミも真実を隠蔽する敵だとみなしている。

http://www.us-government-torture.com/symptoms.html

(2005.6.7)

posted by 堀内悟 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

ヘリ追跡について再確認

 1年前にガス攻撃とヘリ追跡を体験した。これについて確認しておく。
 天井からくさい匂いが降りてきて頭がしびれたことやすれ違う通行人がなにかガスめいたものを噴霧してきたことがかりに心因性の幻覚だとしても、川崎から中華街の入口までヘリコプターが追跡してきたという事実はゆるぎない。
 食事や睡眠が不規則な生活をしていたために疲労が蓄積され幻聴幻覚体験を持つに至ったと仮定してもヘリコプターにつきまとわれたという不自然な体験は確実に存在する。進行方向がたまたま一致しただけならばすぐに通りすぎてしまうのに歩く速度に合わせて2時間以上もついてきたのである。

 しかも日記によると5月13日は昼間から自宅の上空をヘリが旋回していた。外に出てヘリを目撃していないのでどこのヘリコプターかはわからない。しかしいずれにしても精神的威圧はこのときから感じていた。

 また、通行人によるガス噴霧という信じがたい体験が被害妄想だとしても、マンホールのがたつき、これも厳然たる事実である。もしかしたら音が聞こえただけなのかもしれない。実際には蓋は動いていないのかもしれない。しかし間違いなく音を知覚したことだけは動かない。

 また証拠が消えてしまってはいるが2ちゃんねるでわたしがよく見ていた板でプライバシーのほのめかしがあった。これもなにもかも自分のことだと勘違いしてしまう妄想状態に半分入り込んでいたと仮定できるが、すべてが単なる偶然だとすることが不可能であるのも事実である。自分の感覚を信じるならば、インターネット上の行動もすべて監視されていた可能性が高い。
 以前からあきらかに嫌がらせを目的としていることがわかる無言電話もあった。

 自衛官の官舎へのビラ配りで逮捕されてしまう現実を考えるとわたしも反国家活動家との疑いを持たれていたのだろう。自衛隊情報本部や公安警察が関与していたと考えるのが自然であると結論付ける。
posted by 堀内悟 at 19:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

加害者=公安警察説

http://members.goo.ne.jp/home/hnx_xgg

 私は神奈川県警の不祥事が続発した時にネットに記事を書いたし、権力者とまったく縁がないので弱いものいじめの対象者にされてしまったのだろうか。
 このサイトには警察と創価学会との関係も書かれていて面白い。

 警察が電磁波を使って一般市民を悪者にしたてて嫌がらせを延々と続けているとしたら、この国について幻滅するしかない。警察官の不良子弟が裏口で公安メンバーになっているという話も興味深いが、一番気になるのは警察が被害者の周辺の人間を加害協力者にしていく手法についても論考されている点だ。

posted by 堀内悟 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聴覚刺激で感覚誘発

http://www2u.biglobe.ne.jp/~mcva-jp/07genin.html

 数千フィート離れた場所から電磁波を照射して針で刺すような感覚も誘発できるのならヘリからの攻撃にも活かせるはずだ。
 わたしが聞いたり嗅いだりした音と匂いの正体だろうか。

posted by 堀内悟 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加害主体

 私の被害体験と他の被害者の体験で最も違う点は音声送信の有無である。
 わたしも嘲笑めいたざわめきはきかされた。風呂場に入るとなにかざわざわしたりした。トイレもしかりである。

 ただ他のサイトにあるようなはっきりした音声をしょっちゅう聞かされるというのはない。

 これは加害者の構成の違いをしめしているのだろうか。

 下は創価学会がやっていると言っているサイトである。
http://www4.diary.ne.jp/user/426107/

 ここは国家を疑いがちだが国が品性下劣な人間を使うだろうかともっともな意見を述べている。
 しかし私の場合はヘリコプターによる2時間以上に渡る追撃が含まれている。
 共産シンパや創価学会が単独で行える規模を超えている。

 やはり私の場合は国家、特に自衛隊が関係していると思われてならない。少なくともマスコミクラスの関与が不可欠である。

 私は自衛隊員の家に反戦ビラを配って逮捕されてしまった人達と繋がりのある非公然活動家に間違われてしまったのではないだろうか。イラク攻撃に反対する者はテロリストの仲間だと一方的に決めつけるプログラムが動いているのではないか。劣化ウラン弾が原因で自衛隊員が見えない差別に晒されるだろうという私の推測も隊員の士気を低下させる反国家活動の一環だとみなされたのではあるまいか。
 同時多発テロ以後のアメリカ国内の変容ぶりは新聞でも報道されている。それに比して日本国内の変容ぶりの実態は国家機密事項を含むために意図的に詳報されていないでは、と危惧する。
 よく言われるように戦争開始の最大の根拠だった大量破壊兵器がなかったことが問題にならない異常事態である。民主化という大義名分があるものの実際は石油メジャーと戦争商人を儲からせるための戦争に他ならない。アメリカは常にどこかと戦争を行っていないと倒れてしまう駒のような国であることは明らかになっている。
 治安維持を目的とした日本国内での人権侵害の実態をマスコミは伝えるべきだ。



posted by 堀内悟 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長く続いた幻聴?

 思考盗聴に関わる問題。
 昨年5月にヘリに追いかけ回された夜を発端として悪臭、関係妄想、幻聴幻覚にしばらくとらわれた。一番最後まで残ったのが、頭の中で何かを考えたり、それを口に出したりするたびに家の外で電子音が聞こえるというものだ。昨年秋まで続いた。
 音は鋭すぎず、丸すぎずの電子音、色に喩えるとオレンジにあたるような単音がチャイムのような感じで鳴る。

 これはかなりのストレスの元になった。
 これはどう考えても精神的なものが原因とは思えない。
posted by 堀内悟 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幻聴体験

 ヘリコプターに追いかけ回され、毒ガス攻撃の中を横浜まで歩いた後警察からタクシーで帰ってきた。
 自宅に帰ってきても風が悪寒を引き起こすほどのとんでもない悪臭を含んでいて呼吸する度に心がくじけそうになる状態に変わりはなかった。

 その夜はたしかこごえる思いで布団をかぶったが西の方角から太鼓の音がドンドン鳴り響いてきた。まるで悪霊が家の周りにやって来ておどしているかのようにとらえられた。耳なしほういちになった錯覚にとらわれた。

 これは明確な幻聴体験といえるのだろうか。それとも聴覚ヘテロダイニング効果が悪用されていたのだろうか。精神的なショックによる本物の幻聴なのか科学のからくりなのかわからない。

 またこの夜か二三日後かわからないが別の幻聴体験があった。嘲笑を含むざわめきが起こったかと思うと頭に液体を注入する手術を勝手に行われるというふうに思える音が聞こえてきた。液体のトクトクという流動音が派っきりと聞こえた。

 これは家の外から超音波を照射されたのだろうか。しかし音はステレオ感のある明瞭なもので自分の頭が実際に細工される錯覚に陥った。脳外科手術をされたような気になった。
 個人情報擁護研究会のサイトが言う骨伝導スピーカーによるものなのだろうか。

 怪しいのは2003年初頭に義歯をかぶせたことだ。土台にあたる本物の歯が残っているのにわざわざ全部削って真ん中にキュリキュリと音を立てながら何かをねじのようなものをまわしていた。
今私の歯を抜いて調べればわかるだろう。しかしどこの誰に見てもらえればいいというのか。

posted by 堀内悟 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警察のささやき攻撃

 昨年5月警察署に逃げ込んだ時、警官の一人が自首しろと小声でささやいたのはなぜか。

 1 警察もヘリ攻撃の加害者側に入っているから
 2 警察は精神病者の疑いがある者についてはいつもそうしているから

 この二つのうちのどちらかではないか。

 私はかつて神奈川県警を批判する記事をネットに書いたのでうらまれているのだろうか。しかしそれだけでヘリコプターによる追撃をするだろうか。
 警察は幻覚の一部を語る等薬物中毒の疑いがある者については念のために自首しろとささやいて反応を見ることにしているのだろうか。私は完全に無視してやりすごしたが。
posted by 堀内悟 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

6.6Hzで鬱状態

http://www.haarp.net/mindcontrol.htm

 脳波を外部から制御できればマインドコントロールになる。
 この研究はすでに百年以上行われている。


posted by 堀内悟 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

問題の本質が見えない

http://www5f.biglobe.ne.jp/~terre/

 このサイトのキーワードに住基ネットもあるのが目を引いた。わたしはこのネットの悪用について危惧しているし、冗談でネットの正常な運用についても心配する言葉を述べたりしたので、このシステムについて神経質になっている人間からは要注意人物に映ったことだろう。

 いずれにしろ、現在世界中で進行している硬直化の構造分析がマスコミの手によって行われていないのがおかしい。
 イラク攻撃に反対する人間を例外なく国家の敵と見なすのはどうみても過剰反応だ。公安調査庁の報告をインターネット上で読むと、国際テロ組織の連携が活発化しているという現実があるそうだが、言論の自由を侵害する形の活動は民主制国家にあってはならない。

posted by 堀内悟 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

電磁波悪用の加害者

 電磁波兵器を悪用しているセクトについてはサイトによって主張がまちまちだ。
 共産シンパが長年利用しているというサイトがある。パナウェーブもそうしたサイトの一つだ。
http://d.hatena.ne.jp/sky_note/200407
http://www.geocities.jp/spy_daisakusen2004/

 創価学会の信者が行っているというサイトもある。
 マスコミが行っているというサイトもある。

 国家権力はまちがいなく治安維持のために利用しているはずだ。利用していないとすると怠慢だろう(その運用のありかたを捨象すれば)。
 
 密接な関係にある四者とも行っている可能性もあるだろう。
posted by 堀内悟 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

人体実験年表

http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/medical_experiments.html

日本でもこれだけ多くの人体実験が行われていたとは知らなかった。
しかしおそらく氷山の一角に過ぎないだろう。
posted by 堀内悟 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫はいつでもどこでも

 街中を歩ける。
 家屋と家屋のすきまに人間がいたら不審者と見なされるが猫なら塀の上から家の中を除き込んでいても怪しまれない。

 猫の見聞きした映像と音を外部から聞く技術も研究されているはずだ。
 
posted by 堀内悟 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PC利用時ののぼせ

 以前はパソコンを利用するとすぐに頭がのぼせていた。パソコンが出す回転音に含まれる高周波が耳障りでかなりのストレスになっていた。

 しかし昨年ヘリ攻撃以降はその症状がない。
 なぜだろうか。パソコンの部品はまったく変更していない。

 思考盗聴に使われる電波に原因があるのではないか。
 思考盗聴に使われるマイクとスピーカーは外部から照射される電波を動力源にする。この電波がパソコンの出す電磁波に干渉していたこと、そしてセンシングのメカニズム全体が被害者の感覚を鋭敏にすることが推察される。

posted by 堀内悟 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エシュロンと人体実験

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1103050148/

 エシュロンについてテレビが熱心に報じているのをみたことがない。
 きっと情報統制されているのだろう。

 エシュロンの捕獲キーワードには「ホリウチ」も入っているらしい。
 堀内光雄、ロン・ホリウチに由来するのだろうが、この私も含まれているのかもしれない。
 アメリカが冷戦中に行った無差別人体実験(細菌の都市空間への散布、知的発達遅滞児へのアイソトープ投与等)について興味を抱いていることを公言したのが原因かもしれない。

 無条件降伏した敗戦国日本でも上記の実験が行われていないわけがないというのが私の推測である。
 アメリカでは決定的な証拠をもって裁判に臨んだ弁護士が公共の利益を理由に敗訴した。弁護士の祖父は米軍が散布した細菌が原因で心臓を患い亡くなったことが医学的にも明らかであるにもかかわらずである。

追記 2011.2.4金曜

 上記の無差別人体実験の事実は読売新聞の記事で知ったのだが、ネット検索により、その記事の掲載日を特定できた。

 暴れる暗部 冷戦下の米人体実験(中)読売新聞 1994/02/04
posted by 堀内悟 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2ch.netでのほのめかし─アーカイブの問題

 ヘリコプターによる攻撃に至る過程、そして攻撃後もしばらく2ちゃんねるでほのめかし攻撃があった。私がよく監視している(純粋に楽しく眺めている板もある)場所に先回りして嫌みを書き連ねられた。これは客観的にみれば関係妄想と峻別が難しくなるように細工されていた。

 現在ほのめかしと考えられる書き込みが含まれるログを探してもみつからない。いつまでたってもhtml化されない。

 私にとって2ちゃんねるの最大の問題がここにある。アーカイブが恣意的なのである。

 都合の悪いログは突然消されるようになっている。後から証拠にしようと思ってもできない。

 ストーカー問題上の懸念を除いて考えてもこのアーカイブの不備は公共メディアとしては致命的である。2ちゃんねるにいくら熱心に投稿しても個人の唯一無二の意識の発露とはならない。
 せいぜいマスコミのネタ拾いのお手伝いが関の山である。

 だから私は自分のサイト以外ではUsenet(ニューズグループ)に書くことにしている。ニューズグループに投稿すれば発言と同時にIDが付けられて、googleに保存される。半永久的に自分の発言がしっかり保存されることはなによりもありがたいことだ。発言者の知名度にかかわらずこの仕組みは平等に機能する。法(ルール)の下の平等が徹底している。
posted by 堀内悟 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

尊敬されたい人

 他人から尊敬されたいと願うのは自然なことかもしれないが、それが病的なほど強く犯罪に至る人もいる。

 私の知っているある人は、人に説教するのが好きで、おせっかいずきなあまり親切なアドバイスをするために問題をわざわざ捏造してしまった。

 佐藤聖子の掲示板にかつて現れたびんぼっちゃまがその人である。
 管理人さんに親切な助言をしているが、荒らしの相棒と組んでいる。

 以前、obusuma.comでわたしのなりすましがあったので行ってみた。するとびんぼっちゃまという常連投稿者がいた。その投稿者が小出しにしているプロフィールを総合するとブラビの容疑者のそれと完全に一致した。現在容疑者は私からのメールを受信しないようにしている。電話番号も変えて逃げまくっている。
 私だけのことならば世の中にはいろんな人がいる、困りものであるですませられるが、佐藤聖子ファン全体を侮辱する文言を吐いているので看過できなかったのである。

 ブラビはリストラストーカー工作を探偵に依頼したのだろうか。それとも自分で警察やマスコミにガセネタ(堀内はオウムです、過激派です、こんな詩を投稿しています「国労やめますか」)を匿名でばらまいたのだろうか。いずれにしろ私はとんでもない目に遭った。私の社会的信用を破壊して私が妄想をいっているだけだと誰もが考える状態を作りたかったのだろう。
 加賀町署でも警官によるささやき攻撃があった。自首しろ自首しろとささやくのである。
 自首する罪状がなくてもとにかく自首して他人の罪を着せられてでも避難したくなるほどの苦境に負い込むというのが手口のようだ。

 尊敬されたい、感謝されたい、いい人だと思われたい、他人を指導したい、その意識があまりにも強すぎると問題である。病気の域に達している人が野放しになっているから怖い。わたしのWindows日記はそういう人に対する一種のデモにもなっているということをご理解願いたい。

 おそらくびんぼっちゃまはカウンセリングを受けた方がいいだろう。自分の職業の社会的な地位がプライドの高さと一致していない、それが慢性的なストレスになっている可能性もある。インターネット上の体験がトラウマになっている気配がある。
 インベーダーゲームショックで人生を狂わせたまじめなサラリーマンに似た状況かもしれない。免疫のない新しいメディア環境が原因の逸脱行動なのかもしれない。

 私が何を言っても推測でしかないが、とんでもなく質の悪い人物であることにちがいはない。日本のエリート教育の不備を痛感するしかない。
posted by 堀内悟 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。