2013年04月23日

ChromeでMS IMEを使えない問題 その3

昨日Session Buddyを無効にした
今日PCをコールドスタートした
同じ問題がまた起こった
MS IMEを使えない
Chromeを再起動したら使えるようになった

2013/4/23
ラベル:パソコン Windows
posted by 堀内悟 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

ChromeでMS IMEを使えない問題 その2

今日もこの問題が再発した
PCをコールドスタート→Chrome起動
MS IMEを使えない

Chromeを再起動したら
IMEが利くようになった

以前はChromeを何度終了→再起動してもだめだった

今日はSession Buddyも無効にしよう
それでどうなるか様子を見たい

2013/4/22 月曜日
ラベル:パソコン Windows
posted by 堀内悟 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

Chrome上でMS IMEを使えない問題が再発

この半年くらいコンピューターの細々とした問題に取り組む余裕がなかった。
昨日はしばらくレジストリという用語を思い出せなかった。

一番やっかいな問題はGoogle Chrom上で日本語を入力できないこと。
このブラウザではMS IMEを使用できない。

ネット上で公開されている解決方法を実行した。
Chromeに内蔵されているFlashプラグインを無効にする方法。

これで問題は解決した。

しかし、2日ほど前に問題が再発した。
今日明らかになった解決方法はシステムの再起動。
こうするしかない。

どうしてこんなことになったのか。
最近2つの拡張機能を導入した。
Session Buddyとearthquake Notify。
ひとまずearthquake Notifyを無効にした。

2013/4/21 日曜日
ラベル:パソコン Windows
posted by 堀内悟 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

Androidアプリ開発:ファイアウォールがSDK Managerを妨害

今日Android SDKをWindows 7機にインストールした直後
SDK Managerを起動し必要なパッケージのインストールを試みた

ところがフェッチが遅々として進まず
辛抱強く完了を見届けても
肝心の追加ファイルがリストに表示されなかった

httpsサイトではなくHTTP接続を強制したり
ウイルス防止ソフトの常駐シールドを切ったりして
フェッチをやり直したが問題解決に至らなかった

そこでファイアウォールのZone Alarmを疑った
このソフトの設定画面(コンピューター>View Zones)で
フェッチ先の dl-ssl.google.com をTrustedサイトとして登録した

これにより問題が解決した
フェッチが一瞬にして終了し
追加すべきパッケージが表示された
posted by 堀内悟 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

マカフィーのDNS Changer検査プログラムを利用

http://www.mcafee.com/dnscheck

上のページに行ったらいきなり
あなたのPCは犯罪者によって改変されているかもしれない
と表示されたのでびびった

しかしこれは単なる一般論だった

Check Nowボタンを押したら
コングラチュレーションズと出たのでほっとした

DNS Changerによって不正な改変を受けていると
7月9日以降インターネットに接続できなくなるという

2012.7.9月曜
posted by 堀内悟 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

Meadow 3.01:コマンドの繰り返し

Emacsにはコマンドを好きな回数だけ繰り返す機能がある
C-u 回数 コマンド

たとえば、
C-u 10 C-d
ならカーソルの右の10文字を削除できる

ところが私の環境では以下のコマンドがうまくいかない

C-u 10 C-y

これでコピーした行を10行分一気に増やせるはずなのだが
実際には機能してくれない

2012.5.14月曜
posted by 堀内悟 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

Meadow:新規文書の作り方

今日Meadowで初めてテキストファイルを書いた

カットコピペ等のキーバインドを単純に覚えるのとは別にとまどったことがある
それは新規文書の作り方

多くのテキストエディタでは次のような流れになる
新規文書を作る
文章を書く
名前をつけて保存

ところがMeadowでは次のようになる
C-x C-fで新規文書作成時に名前を求められる
(C-x C-f=コントロールを押しながらxの後コントロールを押しながらf)

保存するかどうかは自分でも分からないまま
何気なく新バッファを作る方法はないのだろうか
そのような曖昧な態度は許さないという哲学なのだろうか
おそらくEmacsが誕生した環境に関わる仕様なのだろう
コンピューターを戯れとして使用することが許されない環境、か
Vimはどうなっているのだろうか
Vimも入手したくなった

2012.5.13日曜
posted by 堀内悟 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

Meadow 3.01:行間の広さの設定方法

今日Meadow 3.01開発版の行間の大きさを設定した

方法
.emacsファイルに以下の一文を追加する
(setq-default line-spacing 2)
※2は2ピクセルのこと、数字は任意のものにする

ネットインストールしてできたMeadowフォルダを見ると
.emacsは見当たらず代わりに見本のdot.emacs.jaがある
最初この名前をエクスプローラ内で変えようとしたができなかった
Windows 7の仕様なのかと焦り苛立ったが結局
dot.emacs.jaをサクラエディタで開き編集した後
.emacsという名前で保存することで解決した

2012.5.11金曜
posted by 堀内悟 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

Meadow 3.01開発版を導入

今日Meadow 3.01開発版をWindows 7パソコンに導入した

昨日Muleの古い本を購入したので
数ヶ月前にインストールした後放置していた
Emacs 23.4.1を触ってみた

しかし日本語を入力する時に変換過程を見られないことが判った
MS-IMEに対応するためのパッチが公開されているが
これを当てるのが面倒なので
Meadowを使うことにした
http://www.meadowy.org/meadow/

Meadowに触るのは何年ぶりだろう
以前Windows日記で醜態をさらして以来だ
当時はGNUSの導入がうまくいかずにそのまま放棄したのだ

今日はMeadowを起動したままにしてちょこちょこ触るようにした
カットコピペ検索置換などの基本的な操作は覚えた

2012.5.10木曜


posted by 堀内悟 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IE9を使っていて最も不愉快なこと

インターネットエクスプローラーバージョン9
これを使う時いつも不愉快に思うことがある

このブラウザを起動するときまって
画面の下に質問が出てくる

アドオンが動作を遅くしているので停止しますか
という内容のダイアログである

これが出ないようすることは不可能なのだろうか

アドオンの管理の設定画面を見ても
この質問についてのオプションは見つからない

2012.5.10木曜
posted by 堀内悟 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

日立 KPA0010076002発進

今日久々にハードオフに行ってきた
中古のキーボードを買ってきた
日立のKPA0010076002
PN N860-8582-T091/20
日立のパソコンPrius用のキーボードであるようだ

これはいいぜ!
テンキーが備わっているものの幅がコンパクト
定規で測ってみると約39.5センチメートル
これなら鍵盤の右に置いたマウスの操作が楽だ

ナム、キャップス、スクロールをロックすると
最上段のパネルに緑色の文字が浮かび上がる
これはちょっとおしゃれでいい感じだ

肝心のキースイッチは安価なタイプ
キートップを外すとラバーキャップが直に見える
しかしキートップの重みとラバーの反発のバランスがよい
チェリーの黒軸をまろやかにした感じといっても嘘にはならない

最上段のパネルには左から
インターネット、メール、P1、P2、上述の三つのロック、
音楽再生コントロールボタン、パワーオン/スタンドバイ

ボリュームキーを試してみたら問題なく機能した(Windows 7)

ここ数日ネットで新品のキーボードを見て回ったものの
これはと思えるものがなくて困っていた

本当によい買い物だった
キーボードの世界も中間層がやせ細ってきているのかもしれない
これからは予備のキーボードの確保に努めたい

プリウス用キーボード写真1
プリウス用キーボード写真2
プリウス用キーボード写真3
posted by 堀内悟 at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

XBMC 11.0 Eden導入

今日マルチメディア再生ソフトXBMCのバージョン11.0 Edenを導入した

インストール後の初起動時ソフトのロゴが出た後先に進まなかった
フリーズした感じだったのでタスクマネージャーを呼び出したところ
画面の背後でZone Alarmのダイアログを発見
XBMCによるインターネットアクセスを許可するかどうか聞いている
許可したところXBMCのホーム画面が現れた

一番顕著な改善点は天気情報を正常に利用できるようになったこと
既定の天気サイトがWeather Undergroundに変更されていた
10.xでは既定の天気サイトが機能していなかった

動画、音楽の繰り返し再生機能は相変わらず見当たらない

http://xbmc.org/download/

2012.4.3火曜
posted by 堀内悟 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

BASIC-256のsay,sound命令

今夜BASIC-256を知りさっそくダウンロード・インストールした
http://en.sourceforge.jp/projects/sfnet_kidbasic/
BASIC256-0.9.6.66_Win32_Install.exeを
Windows 7(32bit)機にインストールした

コマンドにsayもsoundもあったので試してみた

say "文章がここに入る"

で文章をPCに読み上げさせることができる

sound 音の高さ(ヘルツ), 持続時間(ミリ秒)

で単音が鳴る

sayの方は期待通り
昔Mac上で使っていたChipmunk Basicの代替品になる

soundの方は期待外れ
音と音の間にブツブツと雑音が入ってしまう
これでは音楽演奏に使えない
(十進BASICのBEEP命令でも雑音が入る)

それぞれのサンプル



2012.3.8木曜

posted by 堀内悟 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

サンワサプライSKB-KG3W発進

12時24分富士通8728を取り外しサンワサプライSKB-KG3Wを繋げた
8728は3時間しか使わなかった

8728を使っている間は、

テンキーレスにこだわるのはもうやめよう
選択の自由が制限された世界に疲れた
打鍵感の良さを最優先しよう

と思っていた

が、さっき久しぶりにSKB-KG3W(2010年5月購入)を打ってみて、
これはいい
新品だし
小さいし
机の上がすっきりするし
ということでさっそく使い始めた

このキーボードはかなり満足度が高い
購入時に書いた記事

残念な点は
最上段のファンクションキーが打ちにくいこと
通常のキーよりも小さいのはかまわないけれど
指を立てないと押した時に手前の数字キーが邪魔になる
これは惜しい、もったいない、改善してほしい

でもバックススペースが大きい
これは上の残念な点をカバーしてちょっと余りある

サンワサプライの製品紹介ページ
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=SKB-KG3W



2012.3.3土曜

2012.4.15追記
昨日この鍵盤を外しBTC 5201に代えた。SKB KG3は安価な鍵盤としてはまともなタッチ、言い換えると、好みが分かれる、レベルの打鍵感を持っているけれど、キートップを外すとラバーキャップが直に見える=プラスチックのスライダー軸がない簡易構造なので限界がある。BTC 5201も構造は同じなのだが中に金属板が入っている(はず)なので打ち心地に小気味良さがある。しかしBTC 5201はフルサイズキーボード。テンキーレスでメンブレンで打ち心地のよいキーボードを確保することにほとほと疲れてきた。
posted by 堀内悟 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士通8728発進!

さっき富士通の鍵盤N860-8728-T110を使い始めた
カチカチシルバーは8日しか使わなかった

カチカチはタッチが硬すぎた
長時間打ち続けるのはつらかった
気温が上がってきたらまた使用を検討したい

富士通の8728はたぶんメンブレン
カチカチに比べるとヘナヘナといってもいいくらい
打鍵音は強く打つとふんわりしたパチパチ
ただしゆっくり打つとまろやかなコクがある
ゆっくり最小限のストロークを与えてやると
独特の魅力が指先に伝わってくる

裏に鍵盤の角度を上げるための折り畳み式の脚があるものの
これを使わなくても元々適度な傾斜がありしかも
ステップスカルプチャーを採用していて打ちやすい

キー配列/形状について残念なのは
バックスペースがふつうのキーと同じ大きさ・形であること

キートップには円筒形のくぼみがある
このキーの質感がおもしろい
少しゴムが混ざっているかのような微妙な吸着感
とても打ちやすい
キートップの自重
ラバードームの反発係数
ストロークの深さ
これらのバランスが絶妙だ

配色は上品
白とグレーのツートンカラー
白は真っ白ではなく
グレーも深い色ではない
白は淡いグレーといえるかもしれない
機能キーに使われている灰色も薄くて軽快

事務機器としての堅実な印象を残しつつも
新時代の職場の(2001年製造)明るく楽しい雰囲気作りに貢献したい
そういう意図が感じられるキーボードだ

2012.3.3土曜
posted by 堀内悟 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

Python Imaging Libraryも安装

Windows用Python 2.7.2をインストールした後
Python Imaging Library (PIL)も下戴・安装した

インストールしたのはWindows用PIL 1.1.7

exeファイルを起動するとインストーラーが開始
既に安装されているPythonを自動的に検知した

PILはPythonがあるフォルダ内の
\Lib\site-packages
に入った

その後、Python PIL 利用ノートをざっと眺めた
http://www.geocities.jp/showa_yojyo/note/python-pil.html#pil

2012.3.2金曜
posted by 堀内悟 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第一次安装Python

先日GLBasicで作ったソフト
目的はそれで果たされるのだけれど
利用のあり方が限定されてしまう

大げさにいうとショー的要素に欠けている
そこで完成度のより高い開発環境で改善したい

そのためにBASIC系の環境をいろいろと漁った
しかしこれはというものがない

そこで先ほど初めてPythonをインストールした

日本Pythonユーザ会(PyJUG)からダウンロードした
Windows用のインストーラー
Windows用のヘルプファイル

インストールはすんなりできた
ところがヘルプファイルの方は利用できない

ダブルクリックすると起動し左ペインの項目をクリック可能
しかし右側にその内容が表示されない
Webページへのナビゲーションは取り消されました、という説明が出るだけ

Python 2.7.2本体を安装すると自動的に手に入るヘルプは
問題なく利用できる

これが最初のPythonトラブル

2012.3.2金曜
posted by 堀内悟 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

GLBasicの完成度はまだ低い

昨日GLBasicで単機能ソフトを作った
コンパイル時に予想外のエラーが出た



FOR I=1 TO 5
変数名[I-1][0] = I //二次元配列変数
NEXT


この部分がコンパイル時に

変数名は関数として使うことができない

というエラーの元になる

GLBasicでは関数は関数名()という姿をとる
それなのに配列変数の座標を入れる[]と関数の()を混同している

GLBasicはWindows、Mac、Linuxに加えiPad/iPhone、Android向けの
開発もできる魅力的な環境だ

しかし上記のエラーから洗練度の高いコードの取り扱いに難があることが
うかがえる

2012.2.29水曜
posted by 堀内悟 at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

GLBasicのIDEの問題

先日GLBasicのフリー版を下戴・安装した
http://www.glbasic.com/

今日これで簡単なソフトを作っているのだが
IDEに問題があることが判った

問題があるのはソースエディタ
・日本語インライン入力ができない
・日本語が部分的に文字化けを起こす

ソースファイルをUTF-8にすると日本語が完全に化ける
シフトJISだと一部が化ける

これらはない物ねだりだと諦められる

しかし

・下降カーソルキー(ダウンアロー)が利かない

のは我慢できない!

私のパソコン使用環境に問題があるのだろうか

しかたないのでサクラエディタでコードを書いている
http://sakura-editor.sourceforge.net/index.html

このIDEの残念な点がもう一つ
フォームデザイン機能がない

作者のツイッターアカウントは
Gernot Frisch
@glbasic

2012.2.28火曜
posted by 堀内悟 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

Scribus 1.4.1SVNの日本語処理機能

2月16日からScribus 1.4.1SVNを使用している
http://sourceforge.net/projects/scribus/files/scribus-svn/1.4.1svn/

このバージョンの主な改善点は二つ
・日本語禁則処理
・ストーリーエディター内でのインライン日本語入力

日本語使用者にとっては大きな進歩

改善の内容はパッチを当てた中本氏のサイトが詳しい
https://sites.google.com/a/borndigital.jp/scribus/home

手動カーニングの手間が減る本当にありがたい改善だけれど
現状では以下のような現象が多く出現する


……太陽系がいつできたのかご存知です |
か。                 |


行末に不要な空白ができてしまう。現状では追い出しだけしているようだ。
ぶら下がりを実現するには実質的に自動カーニング機能を書かないといけない。
(アキ・ツメ処理はしているものの大改造見送りの簡易版らしい)

ストーリーエディター内でインライン日本語入力ができるようになったのもありがたい。
以前はこれだけでアプリがクラッシュしていたのだから。
誤字・脱字等ちょっとした修正が楽になった。


2012.2.27月曜

posted by 堀内悟 at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。