2008年12月11日

桃中軒雲右衛門事件

 12月3日の朝日新聞夕刊の「窓 論説委員室から」は「桃中軒雲右衛門の墓」と題して、桃中軒雲右衛門の墓の品川区による文化財指定とそれを記念して開かれる「雲右衛門をしのぶ会」(12月13日)を取り上げていた。

 桃中軒雲右衛門といえば法律の世界では桃中軒雲右衛門事件で有名であるようだ。ぽこは民法の概説書で知った。

 勁草書房の『民法要説』によると、

浪花節は音楽ではない
だから浪花節のレコードは著作権法が保護する著作権の対象にならない
だから浪花節のレコードを無断複製しても不法行為の要件である権利侵害とならない

という判決が出たようである。(大正3.7.4刑録20-1360)

 これはとんでも本ならぬとんでも判決といえるのだろうか。それとも厳密な文理解釈をしただけでそれほど責められないものなのだろうか。当時の著作権法を見てみたい気がする。(2008.12.11木)

売れてるたべもの&のみもの
書籍ベストセラーランキング
音楽ベストセラーランキング
エレクトロニクスのベストセラー
ブロードバンド、常時接続のお申込はこちら
posted by 堀内悟 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる判例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

公務員採用内定行為の処分性

 公務員採用の内定通知は、必ずしも、公務員の地位を取得させることを目的とする確定的な意思表示ないしは始期付または条件付採用行為と目すべきものではなく、また、それにより採用者側が採用の義務を負うこととなるものでもない。(最判昭和57.5.27民集36-5-777)

(2008.12.10水)

売れてるたべもの&のみもの
書籍ベストセラーランキング
音楽ベストセラーランキング
エレクトロニクスのベストセラー
ブロードバンド、常時接続のお申込はこちら
posted by 堀内悟 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる判例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

ガントレット事件の概要

 宮崎良夫著『行政争訟と行政法学』(行政法研究双書)269頁にガントレット事件のより詳しい概要が書かれていたぽこ。

 原告=戦前に第八高等学校で英語教師をしていた英国人。強迫を受けて帰化申請を行い許可された。この許可は無効であると主張し、国を被告にして日本国籍不存在確認訴訟を提起した。

 原審判決:戦時中の敵国への帰化は無効であるとする英国法および二重国籍を認めない日本法の規定に照らし、本件帰化の許可は無効とした。

 最高裁:「国家機関の公法的行為はそれが当該国家機関の権限に属する処分としての外観的形式を具備する限り、仮りにその処分に関し違法の点があったとしても、その違法が重大且つ明白である場合の外は、これを法律上当然に無効とすべきではないのであり、そして前示認定上の過誤の如きものが、ここにいわゆる重大且つ明白なる違法といい得ないこと勿論だからである」とし、原審判決を破棄した。

 この判決の意義:
 公定力という語は用いていないが、違法な行政行為であっても無効でない限り公定力を有する、という公定力理論そのものを表現し、行政行為の無効原因として重大明白説を採用している。

(2008.12.7日)

売れてるたべもの&のみもの
書籍ベストセラーランキング
音楽ベストセラーランキング
エレクトロニクスのベストセラー
ブロードバンド、常時接続のお申込はこちら
posted by 堀内悟 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる判例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

更正処分についての取消訴訟の対象

 増額再更正処分についての取消訴訟は、元の更正処分ではなく当該増額更正処分に対して提起すべきである。(最高裁判昭和55年11月20日 訟月27巻3号597頁)

 減額再更正処分がなされた場合は、元の処分の取消を求めればよい。(最高裁判昭和56年4月24日 民集35巻3号672頁)

売れてるたべもの&のみもの
書籍ベストセラーランキング
音楽ベストセラーランキング
エレクトロニクスのベストセラー
ブロードバンド、常時接続のお申込はこちら
posted by 堀内悟 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる判例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

国公立病院での医療過誤と国家賠償法

国公立病院での医療過誤の責任追求においては国家賠償法は適用できず、民法709条や715条による。(最判昭和36.2.16)

書籍ベストセラーランキング
音楽ベストセラーランキング
エレクトロニクスのベストセラー
ブロードバンド、常時接続のお申込はこちら
posted by 堀内悟 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる判例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

判例変更!土地区画整理事業計画段階での提訴が可能

事業が進んでからの訴えしか認めないとなると、その間に工事が進み、違法性の主張が認められても権利救済が十分に果たせないので、計画決定の段階で訴訟を提起できる(最大判平成20.9.10 遠州鉄道上島駅区画整理事業訴訟)。


画期的な判決。しかも15人の裁判官全員の意見が一致したらしい。昭和41(西暦1966)年の判決では、計画段階では「事件の成熟性」がないので訴訟は起こせないと判示していた。

朝日新聞によると駅前の整理事業は半分終了しているらしい。となると、この判決は静岡地裁へ審理を差し戻すものなので、裁判係属中に工事が完了して原告の訴えの利益がなくなるおそれがあるのではないだろうか。

朝日はこの判決について社説を載せず。困りものだぽこ。明日あたりに回したのかな。朝日新聞によると区画整理事業は全国で1300件も進行中で、訴訟も約90件に上るらしいのに。とっても社会的に重大な判決だぽこ。
(2008.9.11)
posted by 堀内悟 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる判例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

天皇には民事裁判権が及ばない

日本国の象徴であり日本国民統合の象徴である天皇には、民事裁判権は及ばない。(最判平1.11.20 民集43-10-1160)

(2008.8.10)

書籍ベストセラーランキング
音楽ベストセラーランキング
エレクトロニクスのベストセラー
ブロードバンド、常時接続のお申込はこちら
ラベル:天皇 裁判 判例
posted by 堀内悟 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる判例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弁護士会の懲戒=行政処分

 弁護士会ないし日本弁護士連合会が行う弁護士の懲戒は、弁護士法の定めるところにより自己に与えられた公の権能の行使として行う広い意味での行政処分であり、一般の行政処分と同様に確定をまたず告知によってその効力を生ずる。(最大判昭42.9.27民集21-7-1955)

(2008.8.10)

書籍ベストセラーランキング
音楽ベストセラーランキング
エレクトロニクスのベストセラー
ブロードバンド、常時接続のお申込はこちら
posted by 堀内悟 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる判例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。