2012年03月18日

気になる本20120318

Sayonara Amerika, Sayonara Nippon: A Geopolitical Prehistory of J-POP (Asia Perspectives: History, Society, and Culture) [ペーパーバック]
(さよならアメリカ、さよならニッポン──J-POPの地政学的前史)
Michael K. Bourdaghs(シカゴ大学現代日本文学准教授)著



2012.3.18日曜
ラベル: 音楽 歴史 J-POP
posted by 堀内悟 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

気になる本20120316

ジョン・レノンを殺した凶気の調律A=440Hz
人間をコントロールする「国際標準音」に隠された謀略 (超知ライブラリー 73)
レオナルド・G・ホロウィッツ著 渡辺亜矢翻訳
徳間書店

先日Solfeggio Mixer 1.03というWindows用のフリーウェアを入手した。これは特定の効果を持つ「聖なる音」を聴くことができる説明だけ読むとあやしげなスピリチュアル系のソフトである。たとえば528ヘルツの音はDNA修復機能、741ヘルツは直観力の覚醒をもたらすという。

実際に試してみると涼しげな音が環境音楽風に鳴るだけのものでリラックス作用だけはたしかなようである。ときどきソフトを立ち上げてしばらく音を聴くのはいいかもしれないと思った。

そんなことがあったので昨日528ヘルツとDNA修復について検索してみたところ下のサイトを見つけた。

ソルフェジオ周波数と数秘術と古神道
http://on-linetrpgsite.sakura.ne.jp/zatugaku/post_48.html

そこにこの本のバナーがあった。

第二次世界大戦が始まった1939年にAの音を440ヘルツと定めたことが国際的な謀略であることを解明しているようだ。



2012.3.16金曜
posted by 堀内悟 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

気になる本20120105

関西電力「反原発町長」暗殺指令
齊藤真著 宝島社刊 1500円

関西電力の福井県高浜原子力発電所で異常な出来事が起こっていた。「高浜原発の天皇」に反発する高浜町長。「原発警備犬を使って殺れ!」「天皇」から下請け警備会社に襲撃指令が下った……。



posted by 堀内悟 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

気になる本20111121:アレクサンダー・ベッシャー『RIM』

ここだけの話(just between you and me,)
アレクサンダー・ベッシャー『RIM』をまだ読んでいない
それどころか入手すらしていない

そろそろ読もうと思い
今朝Amazon.co.jpで検索したが
アスキーが出した日本語版は見つからない

以前検索した時は出てきたのに

これは……
陰謀じゃないか?

西暦2026年に関東大震災が起こり
ソニーのモリタアキオ会長が行方不明
東京大学バークレイ校のフランク・ゴビ博士が
会長を探しにネオトーキョーにやって来る(ソニー航空利用)

という内容がフキツ! ケシカラン!と認定され
隠密に抹殺処分されてしまったのではないか?

なぜ今まで読んでいなかったかというと
上記のあらすじから勝手に想像を膨らませて
それに酔っていたからなのだ(笑)
それに
ベッシャーのストーリーがその想像を上回る保証がないからなのだ(爆)

私の脳内ではモリタアキオ会長はロボットになっている
もしくはナディアのお兄さんと同じ状態になっているのだ
彼はおそらく宇宙シミュレーターに接続されて
技術・経営分野のチェックサムをやらされているのだろう

まずい
また読む気が薄れてきた

たぶん英語版では面白さが薄れてしまうんだがなあ
日本人が日本語で読むと余計に面白い小説は確かにあるのだ

※この小説は一部が『MACPOWER』で連載された後にアスキーから刊行された



ラベル:SF 小説
posted by 堀内悟 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

気になる本20111022

『アジア系アメリカ文学を学ぶ人のために』
植木照代監修 山本秀行・村山瑞穂編 世界思想社 2940円
国・民族・文化の境界がボーダーレス化・トランスナショナル化・ハイブリッド化する時代の新たな観点から解読。


ラベル: 文学 アメリカ
posted by 堀内悟 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

気になる本20110215

『CIA洗脳実験室 父は人体実験の犠牲になった』
ハービー・M・ワインスタイン (著), 苫米地 英人 (翻訳)

この本の前書きによると、地下鉄サリン事件発生直後に各国のエージェントがデータ収集を行ったそうだ。オウム真理教は実験材料にすぎなかったらしい。悪質な欧米人から見ると日本人全体が実験動物にすぎないらしい。


posted by 堀内悟 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

気になる本20110122

『マリファナはなぜ非合法なのか?』築地書館 2310円
スティーブ・フォックス (著), ポール・アーメンターノ (著), メーソン・トヴェルト (著), 三木直子(翻訳)

マリファナは麻薬ではないという前提から出発し、様々なデータをもとに酒とマリファナを徹底比較。使用の歴史、禁止の社会的背景、スポーツ、大衆文化での描かれ方等を解説しながら、マリファナを酒や煙草と同じ政府が課税、統制する一般の嗜好品にするための具体的道筋を提示する。

「そろそろ現行のマリファナ禁止の体制を、販売を許可、課税し管理する新しいほうに置き換えるべきではないのか」(元シアトル市警察署長スタンパー氏)

(以上今日の朝日新聞天声人語の下の広告より)



※わたし自身はマリファナを使用したことはない。たぶん日本で解禁されたとしても嗜好品として利用することはないだろう。ただし、医療用大麻については即刻解禁すべきではないかと思っている。わたしの母親はガンで死んだのだが、緩和ケアを受けているときにモルヒネを十分使用したにもかかわらず吐き気がなかなか取れずに苦しんだ。医療大麻を使えばこういった状態を解消できる場合もあるはずだ。

2011.1.22土曜
posted by 堀内悟 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

気になる本20110118

苫米地英人(脳機能学者)『あなたは常識に洗脳されている』
大和書房 1365円

親による洗脳
学校教育による洗脳
社会による洗脳
世間による洗脳
政治による洗脳
メディアによる洗脳

日本にはびこる「常識」の本質を突く、衝撃の最新作!
あなたは、奴隷でしかない──。わたしたちは、一部の支配者に都合のいいように洗脳されています。私たちに気づかれないように、巧みに「常識」という名を使って洗脳しているのです。


ラベル: 洗脳
posted by 堀内悟 at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

気になる本20110112

大久保貞利『電磁波の何が問題か』
緑風出版 2100円 221ページ
なぜ健康を脅かし危険なのか? 携帯電話中継基地局、携帯電話、変電所、電磁波過敏症、オール電化、リニアモーターカー、無線LAN。最新データで解説。対策も伝授。



佐藤文明『あなたの「町内会」総点検』三訂増補版
緑風出版 1995円 227ページ
ゴミ当番、回覧板、募金などあなたの疑問に答える唯一の町内会・自治会問題入門書。


ラベル: 電磁波 健康 自治
posted by 堀内悟 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

気になる本20110109

河相歩武『隻眼のライオン』
幻冬舎ルネッサンス (2010/12/25) 1575円

気象兵器をめぐる国家間の謀略の陰で天涯孤独となった少女はどこへたどり着くのか。迫真の国際陰謀小説。



2011.1.9日曜
posted by 堀内悟 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

気になる本20110106

苫米地英人『テレビは見てはいけない (PHP新書)』



 わたしは、テレビに関して「テレビは見てはいけない」というような強烈なメッセージを発したことはない。ただ、ニューズグループにおいて、「欧米のインテリはテレビを見ない」と書いたことがあるので、そのためにマスコミの恨みを買った可能性が十分にある。わたしほど多くのタブーに触れた人間もあまりいない気が最近しているが、この一件もその一部であると思われる。

2011.1.6木曜


ラベル: テレビ 洗脳
posted by 堀内悟 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

気になる本20101215

植草一秀『日本の独立』 飛鳥新社 定価1800円
国家の罠にはめられた著名政治経済学者の逆襲!
主権者国民の敵(米国+特権官僚+大企業+マスコミ+売国政治家の利権複合体)を命がけの告発!

菅と仙石6・2クーデターの真実
対米隷属派による政権乗っ取り
平成の黒い霧(郵政米営化・郵政私物化、日本振興銀行設立の闇など)
米国による日本支配構造の系譜
対米隷属の父・吉田茂
CIAの対日工作
小沢一郎の「政治とカネ」問題研究
ほか


ラベル: 政治 経済 陰謀
posted by 堀内悟 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

気になる本20101209

若宮健『なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか』(祥伝社新書226)
なぜ日本のマスコミは、この事実を報じないのか!? 政界、官界、マスコミ……、パチンコ問題に日本の病理が集約されている

白石拓『高層マンション症候群(シンドローム)』(祥伝社新書224)
5年以上10階より上層に住む妊婦の流産率42.9%。 揺れによるストレス、汚染空気の侵入、地震時の危険…… 高層階居住による都会の病から身を守るには!?
ラベル:韓国
posted by 堀内悟 at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

気になる本20101019

筆坂秀世、宮崎学『日本共産党vs.部落解放同盟 (モナド新書)』
にんげん出版 987円
同和対策が利権を生み出したのか。糾弾が社会的孤立を深めたのか。「党」と「同盟」、対立の淵源に迫る。



2010.10.19火曜
ラベル: 政治 差別
posted by 堀内悟 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

気になる本20101016

黒薮哲哉『あぶない! あなたのそばの携帯基地局』
花伝社 1575円
続出する健康被害──多発するトラブル 頭痛、耳鳴り、肩こり、不眠、鼻血……。複合電波汚染の恐怖を追う。

2010.10.16土曜
ラベル: 電磁波
posted by 堀内悟 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

気になる本20101009

ティム・ワイズ『オバマを拒絶するアメリカ―レイシズム2.0にひそむ白人の差別意識』
明石書店 2520円
深刻化する人種差別、保守層による反オバマ「茶会」運動の実態を探る



2010.10.9土曜
ラベル: 政治
posted by 堀内悟 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

気になる本20100927

植田寿之『対人援助職の燃え尽きを防ぐ──個人・組織の専門性を高めるために』
創元社 1890円
精神的疲労や対人ストレスを軽減するための考え方。



2010.9.27月曜
ラベル: 精神 健康
posted by 堀内悟 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

気になる本20100801

加茂隆康『自動車保険金は出ないのがフツー』(幻冬舎新書)
800円+税
保険金支払いを損失と呼び、支払いをいかに渋り利益を出すかに腐心する損保。その支払いの実態と狡猾な手口、もしものときに保険金を出させる技術を敏腕交通弁護士が超実戦的に解説。

浜六郎『認知症にさせられる!』(幻冬舎新書)
760円+税
今、医者の判断ミスと薬によって、高齢者が認知症にさせられている悲劇! 間違いだらけの診察・投薬から大切な家族を守るため絶対身につけたい正しい薬の知識。処方されたら要注意の薬剤リスト付き。

2010.8.1日曜
ラベル: 保険 医療
posted by 堀内悟 at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

気になる本20100729

J-P・サルトル『嘔吐』[新訳]
鈴木道彦訳 人文書院 1995円
60年ぶり待望の新訳
生きる意味を求めた二十世紀の傑作小説



2010.7.29木曜

&Amazon.co.jp(Good Books, Good Life);
インターネットするならBフレッツがお勧め。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

気になる本20100709



『Google問題の核心 開かれた検索システムのために』
牧野二郎 岩波書店 定価2625円

検索システムで深刻化する問題を各国の事例などを踏まえ徹底的に検証する。それらを解決するための新しい検索システムを提案する。

2010.7.9金曜
posted by 堀内悟 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。