2008年02月11日

気になる本20080211

『アイシールド21』稲垣理一郎 村田雄介
日米で注目される本格的なアメフットマンガ

『視線は人を殺すか―小説論11講』(MINERVA歴史・文化ライブラリー 11)廣野由美子
小説は<視線>を戦略としていかに用いるか
posted by 堀内悟 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。