2008年01月13日

気になる本20080113

『満州「被差別部落」移民―あの南天の木はまだあるか』麻野涼 彩流社
国策の名の下に大陸へ送り出された移民史上ただひとつの被差別部落の悲劇とは…
偽りの希望の果てにあった集団自決…史実を元にした感動の長編
posted by 堀内悟 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。