2008年01月08日

「同級生」の誤用は我慢ならない

 2007年の暮れにたまたま見た「クイズ・ミリオネア」の中で山本モナは自分と学校年齢が同じである芸能人のことを「同級生」と呼んでいたぽこ。またかと思ったぽこ。山本モナだけが何度もこんな使い方を繰り返しているというわけではなくて、ラジオやテレビで耳にする機会が増えてきたということだぽこ。ほんとうにこういう「同級生」の誤用は許せないぽこ。自分と同じ年齢の人間なんて100万人以上いるぽこ。取りたてて言及するほどのことではないぽこ。しかもことばの誤用だぽこ。本当に同じ学校の同じクラスにいたのならおおっそうなのかと思うけど、単なる同い年のことを同級生と呼ぶなんておかしいと思わないぽこか。
 同じだよね。いっしょだよね。仲間だよね。いじめたりしないよねー。裏サイトでわたしの悪口なんかいわないよね。「同級生」だよねー。ほんとに涙ぐましい同調への強迫観念だぽこ。「同級生」のまちがった使い方には社会心理学の研究対象とすべき背景があるはずだぽこ。(2008.1.8)

書籍ベストセラーランキング
音楽ベストセラーランキング
エレクトロニクスのベストセラー
ブロードバンド、常時接続のお申込はこちら
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
下り最大47Mbps、上り最大5Mbpsの高速接続。ブロードバンドならフレッツ・ADSL!
1回線で電話2回線分の働き!快適にインターネットをするならISDN!
posted by 堀内悟 at 23:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キモい
Posted by at 2015年01月13日 19:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。