2008年01月06日

「ベオウルフ」─ファンタジーはネタ切れか



 ベオウルフまで遡ってしまうとそろそろ外国ものに手を出さなくてはいけないんじゃなかろうか。日本の「南総里見八犬伝」を翻案してハリウッドが映画化することもありそう。(2008.1.6)
posted by 堀内悟 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。