2008年01月05日

ソフトバンクのCMが問題視されない理由

 元日の朝日新聞はテレビ・ラジオ特集が別刷りになっていて、その中にCM最前線というページがあったぽこ。ソフトバンクの「ホワイト家族24シリーズ」も写真入りで紹介されていたぽこ。2007年6月から12月まで20本近く放送されたそうだぽこ。テレビを自発的に見ることがめったにないぽこも何回か見たことがあったぽこ。おもしろいと思ったことはないし、なんの感情も持たなかったぽこ。でも、この記事を読んでCMの設定を把握した結果以下のような疑問を持ったぽこ。

このCMは「お父さん」をばかにしている、けしからんという苦情はなかったぽこか

 家族の中でおそらく世帯主のおやじさんだけが犬になっている設定にけちをつけた人はいなかったのだろうかと思うぽこ。新聞、ラジオ、インターネットでそういう話を見たり聞いたりしたことはなかったぽこ。
 でも犬にされるのが主婦だったらどうなるかと考えてみてほしいぽこ。まちがいなく問題になって新聞にも取り上げられる事態になるぽこ。家族の中で主婦だけが首輪をつけられた犬になっていて、しかも首輪から伸びたひもを夫が握っている様子を描こうとしたら、まず企画段階でぼつになるし、放送にこぎつけても主婦をばかにするなと誰かがクレームをつけた場合すぐに放送中止になるぽこ。逆にだんなが犬にされて妻に手綱を握られる絵(朝日新聞に掲載された写真では樋口可南子がお父さん犬のひもを持っているぽこ)にしても、おもしろい、ほほえましい、ですむのは男の鈍感力と大人力(笑)の高さを物語っているぽこか。ぽこ自身はこのCMはセクハラだ、問題だ、とむきになるつもりはないけど、腹を立てる男性がほとんどいないとしたら、それは何ゆえか大きな関心があるぽこ。「女のセクハラ」で指摘した風潮以前のもっと根源的な問題ぽこか。(2008.1.5)

書籍ベストセラーランキング
音楽ベストセラーランキング
エレクトロニクスのベストセラー
ブロードバンド、常時接続のお申込はこちら
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
下り最大47Mbps、上り最大5Mbpsの高速接続。ブロードバンドならフレッツ・ADSL!
1回線で電話2回線分の働き!快適にインターネットをするならISDN!
posted by 堀内悟 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。