2007年05月27日

インターネット社会の「正しい」読み方



牧野昇、西垣通著 PHP研究所 リボンあり 1996.11.7 206p 40字×15行 1000円

 昨日の夜に3時間か4時間かけて一気に読んだ。11年前に出たインターネット本を今読むといろいろと突込みどころがあって楽しいんじゃないかと期待していたが、著者が二人とも日本を代表する有識者なので慎重で誠実な態度が印象に残った。西垣氏が本格的な電子商取引のためにはインターネットとは別の体系であるGII(グローバル・インフォメーション・インフラストラクチャー)を構築する必要があるだろうと語っていたのも印象的。(2007.5.27)
posted by 堀内悟 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。