2007年04月28日

大河ドラマまた戦国時代

天地人
http://www.nhk.or.jp/niigata/2009taiga.html

 NHKの大河ドラマはなぜ戦国時代ばかりなのか。
 それは予算額を維持するのに好都合だからだ。今年は原始時代をやるので衣装代がかからない、全体の予算も去年の半額で済むというわけにはいかないのだ。衣装担当者、エキストラの手配師、セット設営業者など各部門にぶらさがっている人たちの既得権益を守るために戦国時代は好都合なのだ。
 戦国時代の大物武将はもうやり尽くしたので、これからは家来が主流になっていくだろう。なにがなんでも戦国時代なのだから。

 たまにはSFスペースオペラでもやればいいのになあ。

「こまったもんだな、ジャガー」
「……」
ラベル:大河ドラマ NHK
posted by 堀内悟 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。