2005年03月22日

ヘリが追いかける理由

 2004.5.13夜なぜヘリが長時間追跡してきたのか。
 精神的威圧だけが目的だとは思えない。

 ヘリコプターからピンポイントで私の頭に電磁波を照射するためと考えられなくないか。

 あの悪臭、悪寒、吐き気。実際に毒ガスが散布されたのならば他の通行人も被害を訴えるはずである。
 マンホールの蓋のがたつき。私がマンホールの上を通ろうとすると蓋が少し持ち上がり悪臭を放つガスが少し噴き出す。悪臭は少なくとも三種類ほどあった。一つはどこかコーンっぽい匂いがした。
 全部錯覚だろうか。錯覚だとしたらどのように引き起こしているのだろう。

 電磁波を頭に当てて五官をある程度コントロールする技術は実在しているのではないか。

 これが最大の謎である。
 国家機密事項であることは間違いない。

posted by 堀内悟 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。