2005年02月24日

エシュロンと人体実験

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1103050148/

 エシュロンについてテレビが熱心に報じているのをみたことがない。
 きっと情報統制されているのだろう。

 エシュロンの捕獲キーワードには「ホリウチ」も入っているらしい。
 堀内光雄、ロン・ホリウチに由来するのだろうが、この私も含まれているのかもしれない。
 アメリカが冷戦中に行った無差別人体実験(細菌の都市空間への散布、知的発達遅滞児へのアイソトープ投与等)について興味を抱いていることを公言したのが原因かもしれない。

 無条件降伏した敗戦国日本でも上記の実験が行われていないわけがないというのが私の推測である。
 アメリカでは決定的な証拠をもって裁判に臨んだ弁護士が公共の利益を理由に敗訴した。弁護士の祖父は米軍が散布した細菌が原因で心臓を患い亡くなったことが医学的にも明らかであるにもかかわらずである。

追記 2011.2.4金曜

 上記の無差別人体実験の事実は読売新聞の記事で知ったのだが、ネット検索により、その記事の掲載日を特定できた。

 暴れる暗部 冷戦下の米人体実験(中)読売新聞 1994/02/04
posted by 堀内悟 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。