2011年05月14日

ゲーデルもおかしくなっていた

 数日前から新潮文庫『フェルマーの最終定理』を読んでいる。今ゲーデルの不完全性定理が登場したところだ。
 この本によるとゲーデルは被害妄想に苦しんだ時期があったそうだ。資本論、比較言語学、数学……。この世界には人をおかしくさせるものが溢れている。
 わたしはおかしくならないように適宜ぽこに変身するようにしている。だが、他人が見たらぽこになっている状態こそおかしくなった状態なのかもしれない。
 これは量子物理学〜ヒッグス粒子の特定にも通じる奥深い問題だ。あまり考えすぎないようにした方がよさそうだ。

2011.5.14土曜


ラベル:数学
posted by 堀内悟 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。