2011年05月10日

浜岡原発停止は歴史的快挙

浜岡原発数日中に停止──朝日新聞朝刊
歴史的快挙だ
菅首相を賞賛したい

自民党政権ではありえないことだ
政権交代の成果だといえる

国民のための政治
そのための政治主導

状況の虜囚から環境の主体へ
対症療法から根本治療へ
主導権を発揮したパラダイムシフト
象徴的な意味は鳩山首相の東アジア共同体と共通する

つぶさに推考すれば危惧すべき暗闘も窺える
カモフラージュだという批判も現にある

しかし政治的シンボリズムは本質を見る
原発停止はカイワレパフォーマンスとは違う
その意味は大きくて深い

国難は続いている
喝采はしない
大きな拍手を贈りたい

2011.5.10火曜
ラベル:政治 原発 災害
posted by 堀内悟 at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。