2011年02月26日

女が自転車に乗ると怒る曽祖父

 今日親類からおもしろい話を聞いた。
 わたしの曽祖父(西暦1890年生まれ)は一族の中の女性が自転車に乗るだけで激怒していたらしい。だからこっそり乗るしかなかったそうである。
 曽祖父はおそらく女性がサドルにまたがって公然と走行するのははしたないと考えたのだろう。
 この考えは曽祖父独りの偏見ではなく一般的なものだったのだろうか。

2011.2.26土曜
ラベル:自転車 風俗 文化
posted by 堀内悟 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。