2011年02月10日

初めてLinuxをインストール

 今日、初めてLinuxをパソコンにインストールした。CD-ROM上のDamn Small Linuxを使ったことはあったが、Linuxをハードディスクにインストールして本格的に使えるようにしたのは初めて。

 Linuxの種類:Vine Linux 5.2(以下VL)
 インストールしたPC:IBM NetVista 6842-62J 384MB

11:06 VLを焼いたCDをCD-ROMに入れてPCを起動
11:08 「Vine Linuxへようこそ」画面

インストールタイプは「すべて」にした

ブートローダパスワード設定
Rootパスワード設定
一般ユーザーアカウント作成

等を済ませた後、

11:40 インストール開始
12:07 インストール終了

 インストールすると画面の解像度は1024*768になったが、ぼやけがひどく、画数の多い文字の識別が困難だった。
 しかたなく800*600に落とした。残念なのは、[システム]-[設定]-[ハードウェア]-[ディスプレイ]で垂直同期周波数を設定できないことだ。

 システム・モニタによるとネットに接続してアプリケーションソフトはひとつも起動していない状態で、

 メインメモリ102.9MB使用 CPU使用率48〜64%

 当初、Fxで任意のページにアクセスすると表示終了まで30秒以上かかったので、これでは実用は無理だと思ったが、一度パソコンを再起動したら許容できる程度まで短縮された。

 この記事はVine Linux 5.2に付属するLeafpad 0.8.17上で書き、投稿も同OS上のFirefox 3.5.15で行った。
ラベル:Linux パソコン OS
posted by 堀内悟 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。