2011年02月03日

集団ストーカー=創価説:清水由貴子さんと私の共通点



 以前このブログで集団ストーカーの原因は多層的で、その最古層はプライバシーにあたるので公表しないと書いた。今回はそれを明らかにしたい。もしかしたらこれもマインドコントロールを受けてそういう気になっているのかもしれないが、勇気を持って明かしたい。

 その前に上のビデオを見てほしい。

 公明党の書記長だった矢野絢也氏が、創価学会のメンバーを集団ストーカーにつき訴えたことを説明した記者会見。
 亀井静香議員が国会で矢野氏の被害について説明している様子。

 そして最後に一昨年に亡くなった清水由貴子さんのインタビューが収録されている。

 清水由貴子さんの話を聴いて、私と共通点があることに気づいた。

1創価学会との関係を切ったこと
2ヘリコプター、消防車の通過に悩まされていたこと

 清水さんは社長が創価学会員である会社をやめていた。

 実を言うとわたしは創価学会員3世として生まれたのだ。最近知ったことだが、このような子供は「福子」と呼ばれるらしい。しかし、わたしは自分が創価学会員であることを強く認識することなく育った。勤行をしなさいとは言われていたが、しなくて怒られることもないのでわたしは時々仏壇の前で題目を唱えるくらいだった。学会員の集会にも数えるほどしか出席しなかった。

 その後1980年代になって、わたしの家は創価学会から脱会した。その理由を祖父母や親から説明された覚えがない。大人たちがご本尊がどうしたこうしたというのを耳に入れてぼんやりしたイメージを持つだけだった。今考えるとおそらく脱会の理由は板まんだら事件ではないかと思う。

 あらかじめ断っておくが、この記事は犯人は「絶対に」創価学会だと決め付けるものではない。

 ただ、創価学会を辞めてからわたしの家族に起こったことを振り返ると脱会と関係があると考えざるを得ない。集団ストーカーの加害者について創価学会説を採っている他のサイトに見られる事例とも共通点があるからだ。

 父の交通事故──バイク走行中に駐車中の車のドアがいきなり開いて転倒、けがを負う。

 わたしへの仄めかし──外出中に見知らぬ人が、わたしの悩みの原因だった身体的特徴(頭が大きい)を直接的または間接的にささやく。→外出が苦痛になった。

 近年では、清水さんと同じく自動車、バイク、消防車、ヘリコプターの音から来る精神的圧迫感を体験した。今まで家族とこのような出来事を脱会と結びつけて話し合ったことはない。

 創価学会批判サイトを見ると、被害者は自分が学会に狙われているという自覚を持たぬまま苦境に追い込まれていくと指摘しているところが多い。

創価学会の集団ストーカー
http://daily2.sakura.ne.jp/

<「集団ストーカー 現象」ミニ知識 >
http://www.geocities.jp/boxara/syusuto.html

 わたしも7年前のヘリコプター警察官自首しろ事件前後まで、創価学会からの脱会と自分の生きづらさを結びつけて考えたこともなかった。そして過去3年間くらいは集団ストーカーの実態の一部を被害妄想だと考える時期があった。
 しかし、今は少なくとも創価学会からの脱会は集団ストーカーの一要素としてしっかり認識しなくてはいけない。

 おそらくわたしの場合、加害者は創価学会に留まらないような気がする。一宗教団体だけではなく国家規模の人体実験の被験者になっていたと考えられる。

 おこがましい言い方になるが、わたしは赤ん坊の頃から注目されうる存在だったのだろう。もしかしたら、そうなるようにあらかじめ、両親のカップリングの段階で実験が開始されていたのかもしれない。

 わたしは生まれて10ヵ月で立ち上がったと祖母や親から聞いている。
 一歳の誕生日の一升餅の行事の時には餅を背負って立つことができたそうだ。

 小学校時代はものすごい大食漢だった。三年か四年の頃に胃腸カタルになり七転八倒して苦しんだくらい三食とも腹いっぱい食べた。食卓にはおかずが何皿も並び宴会と変わらない状態だった。しかもそれが常態だった。そんな状況だったので、大人からもっと食えと勧められていたわけではなかったが、五年生の時に肥満児だと認定された。

 推測だが、国または創価学会によってわたしを相撲の力士にするプログラムが黙示的に実行されたのではないだろうか。

 幼稚園か小学校低学年の頃には頭にギプスをはめられ、受け口気味だった歯の噛み合わせを矯正する治療を受けさせられた。そうしないと将来英語の発音が悪くなるというのが父親のいう理由だった。これは国家プロジェクトだという気はしないが、わたしにとっては思い出すだけで苦々しい体験だった。

 これらはMKウルトラに類する人体実験の一環なのかもしれないので、思い出したらこのブログに書こうと思う。

2011.2.3木曜

&Amazon.co.jp(Good Books, Good Life);
インターネットするならBフレッツがお勧め。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 22:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>推測だが、国または創価学会によってわたしを相撲の力士にするプログラムが黙示的に実行されたのではないだろうか。


被害妄想が強いようにしか思えません。
Posted by 通りすがり at 2011年02月12日 01:30
この一件だけを取り上げれば被害妄想に見えるかもしれません。しかし、生まれてから今までに体験してきたことを総合的に分析すると国家プロジェクトうんぬんは誇大妄想とはいえないのです。あなたは行く先々で身体的特徴をささやかれたことがおありですか?
Posted by 堀内悟 at 2011年02月12日 14:01
創価学会が辞めた信者を攻撃する目的でそういった嫌がらせをしたことは考えられます、その部分においては妄想とはいえませんが

>推測だが、国または創価学会によってわたしを相撲の力士にするプログラムが黙示的に実行されたのではないだろうか。

これは、どう考えても妄想でしょう。

つまりそういった嫌がらせなどがあった影響で
普通に考えて有り得ないことも「有りえるんじゃないか?」と疑ってしまう
被害妄想をいだきやすい状態にあるように見えますね

Posted by 通りすがり at 2011年02月13日 02:13
この問題を総合的に考えると、国全体に注目すべき人物を見つけ出し、追跡調査するための網の目が張り巡らされている、と想定せざるをえません。中華人民共和国にはそのようなシステムがあり、特殊な性質を持つ人は子供の頃から国家プロジェクトに組み込まれます。日本においてはそれが明示されないまま運用されているのだと考えています。
Posted by 堀内悟 at 2011年02月13日 07:15

 
 超音波テロの被害にあっています。
 人間の体を壊そうとする超音波の攻撃。
 
 超音波で内臓が攻撃されています。
 臓器不全やがん、命に関わることまで。
 
 
 残酷な攻撃の上に、卑劣な超音波の
 被害にあっています。
 
 膀胱が圧迫され、トイレに行かされました。
 意識を失わされ、おもらしさせられました。
 
 
 なぜか額がピクピク、頭がゆらゆら
 これが攻撃の合図だった。
 超音波による物理的な力で
 頭を揺らして、位置を特定しているようだ。
 
 
 人や社会が超音波で襲われています。
 天に神に届きますように。
 
 



Posted by 人や社会が超音波で襲われています at 2017年11月14日 23:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。