2011年01月20日

ブレット・ファーブ引退表明

ロイター─NFL=ファーブが引退届、20年の現役生活に終止符

 17日、ミネソタ・バイキングスのQB(クウォーターバック)ブレット・ファーブが引退を表明した。
 わたしはここ数年以上不本意ながらアメリカンフットーボールの動向に疎い状態が続いているけれど、以前はテレビでなるべく見るようにしていた。大学アメフットの試合を見るため川崎球場や東京ドームに出かけたこともある。

 ファーブがまだ現役であったことすら知らずにいたが、実は、この偉大なスターを川崎球場で見たことがある。わたしの一生の思い出だ。

 何年前のことだろう。NFLジャパン(?)が主催したフラッグフットボールの講習会(日本初?)に柄にもなく参加したのだ(参加者はボールをもらえるのが理由のひとつだった)。
 その時のスペシャルゲストがファーブだったのだ! 単に挨拶をするだけでなく、パスを実演してくれた。ファーブの生パス! 一塁ベンチの前方から外野方向へ60ヤードはあったはずだが、ファーブはキャッチボール感覚で軽く投げた。それにもかかわらずボールは放たれた矢のように飛んでいった。スタンドの参加者から感嘆の声があがったのを覚えている。

 アメリカ人で彼を知らない人はおそらくいないだろう。日本人のアメフットファンにだけでなくアメリカ人にも自慢できる話かもしれない。

2011.1.20木曜

&Amazon.co.jp(Good Books, Good Life);
インターネットするならBフレッツがお勧め。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。