2010年12月15日

気になる本20101215

植草一秀『日本の独立』 飛鳥新社 定価1800円
国家の罠にはめられた著名政治経済学者の逆襲!
主権者国民の敵(米国+特権官僚+大企業+マスコミ+売国政治家の利権複合体)を命がけの告発!

菅と仙石6・2クーデターの真実
対米隷属派による政権乗っ取り
平成の黒い霧(郵政米営化・郵政私物化、日本振興銀行設立の闇など)
米国による日本支配構造の系譜
対米隷属の父・吉田茂
CIAの対日工作
小沢一郎の「政治とカネ」問題研究
ほか


ラベル: 政治 経済 陰謀
posted by 堀内悟 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。