2010年12月08日

DVD『映画で楽しむ名作文学』の「風と共に去りぬ」を少し見た

 今年の3月27日に買ったDVD集『映画で楽しむ名作文学』はずっと放置してきたけれど、昨日ようやく最初の一枚を再生してみた。
 前編・後編の二枚に分かれている「風と共に去りぬ」の前編を50分くらい見たのだが、想像していたよりもずっときれいだったので感動した。映像と音声に乱れがあっても勘弁してねというお断わりがパッケージにあったので心配していたが、まともなソースを使っているみたいだ。もしかしたらデジタルリマスター後のソースを使ったのかもしれない。

 肝心のカゼトモのできばえについて言うと、映像と音楽のうねりが原作を読んだ時の感動を蘇らせるという感じだった。アトランタの街が群集でごった返している場面などは読書中の想像とぴったり一致していた。近いうちに前編の残りと後編を見たい。

ラベル:映画 小説 文学 DVD
posted by 堀内悟 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。