2010年10月07日

キノコホテル:毒キノコに注意せよ

 昨日厚生労働省は毒キノコへの注意を喚起するよう全都道府県に通知を出したらしいが、わたしは昨夜からキノコホテルの毒にやられてしびれっぱなしだ。寝る前に「もえつきたいの」を何回も聴いてしまったせいかぐっすり眠れなかった。
 しっかり聴いたのは今のところ「真夜中のエンジェル・ベイビー」を加えた二曲だけだが、なによりもまずマリアンヌの歌声が◎。けばけばしさと渋みを兼ね備えた筋金入りの声は何度聴いても飽きない。
 ファビエンヌのドラムスの走りが悪いのは△。どろどろでろでろサウンドに寄与する意図的なものではない気がする。軽くさわやかに走ってもだめなのでパワーアップが必要。
 「もえつきたいの」の締めくくりの歌詞「あなたがそばにいないと気が狂いそうよ」の単純な繰り返しはポエジー(詩心)を欠いていて×。歌謡曲にありがちな切り替えしをするなら二度目ないし最後は「そばにいたって気が狂いそうよ」とした方がよい。それはダサい、却下!なら、「気が狂いそう」という表現になっていない表現をそもそも問題視し、この切迫した思いを物に喩えるとよかろう。クールな女を類型的に表すためにこの歌で使われている煙草と対をなすならレコードあたりが適任ではなかろうか。「あなたがそばにいないと針が飛びそうよ」なんてどうだろう。

 などと言いつつ、マリアンヌの歌声だけでこのバンドは最高! プロモーションビデオ集が出たらぜったいカウカウ〜!

2010.10.7木曜

&Amazon.co.jp(Good Books, Good Life);
インターネットするならBフレッツがお勧め。工事費無料で申込受付中!
ラベル:JPOP 音楽 ロック
posted by 堀内悟 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。