2010年08月09日

トルストイ「戦争と平和」第一編読了

 昨日トルストイの戦争と平和の第一編を読み終え、第二編に入った。この小説を読み始めたのは3月20日。おそろしくのろい足取りだった。平凡社のロシア・ソビエト文学全集に入っている米川訳を読んでいるのだが、第一編は114頁まで。一日あたり一頁にも満たない遅さだ。主な原因として考えられるのは下の二点。

・Gyao地獄
アニメや韓国ドラマを見るのに忙しい。朱蒙に加え、チャングムも見始め、「オンエアー」も見るかもしれないという状況。アニメは聖痕のクェイサーが終わらないうちにフランダースのぽこ犬(ポコラッシュ)も見ることにしてしまった。

・深夜を待たず眠くなる
午後10時か11時台になると頭がむにゃむにゃするようになった。以前はふとんにもぐり込み消灯前の30分ないし1時間、心置きなく小説の世界に心遊ばせるのが楽しみだったのに、今はその前に睡魔に襲われ、「ねむいねむい、さっさとぽこねむりするしかないぽこ」とつぶやきながらパソコンをそそくさと終了する毎日。

 この調子だと今年中に読み終わらないのは必至なので、秋口から毎日一時間は読むようにしなければならない。ページ数としてはあと一千以上あるだろうが、一時間ずつ読めば二ヶ月くらいで読了できるはずだ。

2010.8.9月曜

&Amazon.co.jp(Good Books, Good Life);
インターネットするならBフレッツがお勧め。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。