2010年07月11日

蹴球W杯決勝戦オランダ対スペイン戦予想

オランダ2−1スペイン

予想の根拠
オランダはビリャに依存するスペインと違って得点源が多岐にわたる
硬直した局面になってもロッベンのドリブルで打開できる
ウルグアイに2点取られたことが気になる点であるが、
スペインのFWにはウルグアイのフォルランほどの決定力はない
フェルナンド・トーレスがにわかに復調しない限り組織的に守りぬけるだろう
オランダはドイツのスペインに対する敗戦を他山の石として積極的に攻撃をしかけるはずだ
スペインの1点はセットプレーから得られる
オランダは2点とも流れの中で取る

2010.7.11日曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がお勧め。工事費無料で申込受付中!
ラベル:サッカー 予想
posted by 堀内悟 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。