2010年05月02日

SANWA SUPPLY SKB-KG3Wの感想

 4月29日の深夜にアマゾンで購入したスピーカーとキーボードが昨日の午後6時55分頃に届いた。

 キーボードはSANWA SUPPLY SKB-KG3W。29日の夕方に横浜のヨドバシカメラで初めて目にし(展示機は黒色モデルSKB-KG3BK
)試し打ちしてみたところ、深いキーストロークと、硬さと柔和さが両立したタッチがとても好印象だった。

 半年前に購入したサイズのピュアキーボードミニ2の打ち心地が耐え難いほどまでに悪化し、しかも最下段のキーの小ささに順応できずタッチタイピングがままならない状況に悩んでいたので、これはよいものを見つけたと思った。

 キーピッチ 19mm
 キーストローク長 3.8mm±0.3mm
 動作力 55±10g

 深くて重いキーはBTC5100Cを思い出させる。カチャカチャした(BTC5100Cと比較するとパスパスといった方がよい)打鍵音はいかにも安物といった感じがするが、清楚にすぎる東プレの高級品や味気のないHHKよりもずっと好みに合う。

 キー配列も申し分がない。最下段のキーもWindowsキーと、ポップアップメニューを出すキー(アプリケーションキー)を除いて通常のキーと同じ大きさになっている。もっとも優れている点はバックスペースキーが幅広になっていることだ。高級なキーボードでもバックスペースが通常サイズのものがまま見られる。

 昨夜パソコンにつないでからまだろくに使っていないが、この記事を書いていてとても楽しい。タッチタイピングが普通にできる。BTC5100Cを失って以来の長い放浪生活がひょっとすると終わったのかもしれない。半年、一年と使い続けたときに打ち心地がどれだけ劣化するのかが気がかりだが、まとめ買いで乗り切ればいいかなとも思う。

 変換プラグによりUSBとPS2の両方に対応している点もよい。

サンワサプライの紹介ページ
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=SKB-KG3W



2010.5.2日曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。