2010年04月30日

NTREGOPTで起動トラブルが解消

 NTREGOPTという無料ソフトでWindows XPパソコンのレジストリをコンパクトにまとめてから5日経った。この間起動と再起動を合わせて数回行ったが、すべて正常に起動した。起動トラブルの心配から解放されてほんとうにうれしい。起動時に自動的にレジストリのどこかが回復されるという現象もなくなった。バンザーイ!

 Firefoxを開いているタブの保存をしたうえで終了しても問題ない。やはりここの条件判断は関係ないだろう。

 推測するに、レジストリの断片化が著しかったために起動過程が錯綜しファイル処理がしっちゃかめっちゃかになってハングアップしていたというのが実情ではないだろうか。もしかしたらIDE先読み機能がオフになっていたこともそれに拍車をかけていたかもしれない。

 しかし考えてみるとレジストリ関係で苦労したのは今回が初めてだ。Windows 95/98ではパソコンが起動しなくて困ったことなんてなかった。XPという今でも広範に使用されている現役OSでどうしてこんな目に遭わなくてはいけないんだろう。セキュリティー面は強化されていても、身の丈にあった筋肉に例えられる根幹の堅牢性が伴っていないということなのだろうか。それともこのマシンが元々Windows 2000プリインストールマシンのせいだろうか。

※本ブログの読者の皆様へ
わたしの場合は無事問題が解決し喜ばしい結果となっていますが、パソコンによってはかえって事態を悪化させ、OSの再インストールが必要になる可能性が0ではないと考えられます。上記ソフトをご利用なさるときはファイルのバックアップを取った上で実行した方がよいでしょう。

2010.4.30金曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。