2010年02月22日

PCの変調

 最近パソコンの起動に失敗するときがある。けさもアンノウン・ハードウェアメッセージが出た。電源を切って再投入しても同じメッセージ。再投入してようやくWindowsの起動に失敗したというソフトウェアレベルのエラー。起動モードの選択画面になった。一回目はセーフモードを選んだが失敗。再投入してまた出たときに通常起動を選んで無事起動に成功。
 けさのこの件は昨夜寝る前にPCのシャットダウンに失敗したせいだろうか。シャットダウンしてます画面が出たままいつまでたっても電源が落ちないので電源ボタンを押して無理に終わらせてしまったのだ。

 先週か先々週にはWindowsを起動してみるとレジストリを修復しましたメッセージが出ることがあった。少なくとも二度あった。

 ハードウェアとソフトウェアの両面で変調をきたしているのだろうか。それともひょっとして室温が低すぎるだけなのか。朝起きてストーブをつけない状態での室温は12度くらいしかない。カタログスペックとしては問題のない気温のはずだが、中古パソコンなのでもっと暖かくしてから起動すべきであるということなのだろうか。

 昨夜のシャットダウン失敗については新たな習慣を思いついた。昨日のように再起動をしないまま長時間パソコンを使い続けた後は一度再起動した後にシャットダウンをするようにしたらどうか。使用中のNetVistaはプリインストールOSがWindows 2000だったのでXPとの相性が万全ではない。スリープから復帰するとサウンドが再生されなくなる場合もある。Gyaoのサーバに接続できなくなる場合もある。長時間使い続ける場合にはおっくうがらずに再起動をはさむようにするのがよいだろう。

2010.2.22月曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:PC パソコン Windows
posted by 堀内悟 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。