2010年02月17日

過労で寝たきり1億9千万円賠償命令

 2月16日鹿児島地裁は外食店を経営する康正産業(鹿児島市)に対して、元レストラン店長松元洋人さん(35)に約1億9500万円を支払うよう命じた。
 松元さんは鹿屋市の和食レストランに店長として1年2ヶ月勤務。国の過労死基準の2倍にあたる月間200時間に上る残業をこなしたことがたたり2004年11月に低酸素脳症を発症、意識不明の寝たきり状態になった。松元さんとその家族が同社に損害賠償を求めていた。

会社とは人権の墓場である
会社とは従業員を不幸にする代わりに資本家を富ませる等価交換システムである
(会社に入って幸せになった人間より不幸になった人間の方が多い)
会社とは人間の有限の命を犠牲にし永遠の命を錬成するホムンクルスである

2010.2.17水曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:労働 企業 会社
posted by 堀内悟 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。