2010年01月04日

風と共に去りぬ:第4部に入る

 今日第30章(591頁まで)を読み終えた。これで第三部は終わった。すぐに第四部に入った。

 第三部の最後の場面はとても感動的なのだが、字数を費やしてこってりと書き込めばもっと高らかに感動を惹起できるところをあっさりと切り上げている。とても意外だった。アシュレの生死という重大なサスペンスの結末としてはあっけない。贅沢で心憎い選択であり演出だ。登場人物の言葉があふれかえるべき場面でそれらをいっさい省略し、読者の想像にゆだねている。とても印象的だ。

2010.1.4月曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:小説 文学
posted by 堀内悟 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。