2004年12月20日

思考盗聴と日本語

 思考盗聴技術の開発はおそらく日本よりアメリカ・ロシアの方が進んでいるのだろう。
 そうだとすると日本の場合は基礎技術を輸入した上で改良することになる。
 そこで問題なのは日本語を処理する脳の働きが英語、ロシア語の場合とどれくらい共通し、どれくらい異なっているかではないか。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/2091/1098614859/l100

 このスレッドの冒頭の記事を読んで考えた。フォネティック(表音の)言語で一生を過ごす人間と、音と表記が同等に重要でなおかつ、その構成要素も複雑な日本語人の場合ではまったく違った脳の使い方が認められることもありうるのではないか。
 表音文字、象形文字、会意文字等が入り乱れ、言ってみれば生まれながらにして自然とタイポグラフィックアーティストの素養を持つべく育つ日本人。
 2ch.netで目にする秀逸なアスキーアートは世界に類を見ないものである。まさにマンガの国ならではの産物だ。
 おそらく思考盗聴技術の最大の障壁は日本語脳だろう。
 日本語は日本にとって最大の防御壁なのかもしれない、と直観する。
posted by 堀内悟 at 22:23| Comment(3) | TrackBack(2) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思考盗聴の被害者の会に所属する堀切と申します。
ホームページを拝見いたしましたので以下に愚見を
述べさせていただきます。実は思考盗聴は監視システムとして知られていますエシュロンと密接な関係があり、そうした活動には米国ではNSA、日本では防衛庁情報本部が従事しており、治安維持や犯罪捜査の目的でそれが利用され、日本国民の2割程度の割合で歯のインプラントが埋め込まれています。
当然のことながら物証も有しおりますが、それがもっとも重要度の高い行政機密となっており、簡単には公で議論ができない問題なのです。ただ、民主党はそうした問題に積極的に取り組んでおり、以下に紹介する被害者の会も民主党所属の市議会議員は組織し、会には民主党の国会議員も出席している会です。




被害者の会についてはこちらをご覧ください。

思考盗聴についての概要と民主党の議員が主催する「被害者の会」
について

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1092469867/711

被害者の会 推薦歯科医

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1092469867/713-718


「統合失調症は監視社会を隠蔽するためにある」
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1092469867/709-717

冒頭

 精神病が古来より政治的あるいは社会によって社会的弱者や少数民族を差
別するために利用されてきたことは歴史的に明らかであり、中世末期からル
ネサンスにかけてのヨーロッパや近世のアメリカニューイングランド地方に
おいて「悪魔憑 (つ) き」や「魔女狩り」という形で人々が弾圧されたり、
ドイツ、バイエルン国王であったルートヴィヒ2世が狂人と宣告されたため
王位を剥奪されたといった事、さらにはフランス革命で活躍したテロワー
ニュ・ド・メリクールが晩年、発狂したとして精神病院に入院させられ晩年
を終えたといった事が有名な事例である。

こうした中で統合失調症が数ある精神病の中で最も政治性、意図性が高い
病気と言えよう。以下においては、統合失調症の政治性、意図性に焦点を絞
りって解説したい。

詳細はリンクへ

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1092469867/
Posted by 堀切宣志 at 2005年05月09日 00:50
 はじめまして。ご好意に感謝しております。コメント数がなぜか0のままだったこととわたくしのパソコン利用の頻度が低くなっていることがあいまって今まで返事が遅れてしまいました。

 被害者への会への参加は常に検討しているのですが、顕著な症状が収まっていることと気力がわかない慢性的な症状のせいでおっくうに思われてきました。体力、気力とも改善すれば足を運んで見たいものです。
Posted by 豹悟郎(堀内) at 2005年05月12日 17:04
 はじめまして。ご好意に感謝しています。パソコン利用の頻度が低くなっていますが、なぜか今日は気が向いてパソコンをつけられました。そうしたら堀切様のコメントにきづきました。

 石橋さん主催の会への参加はいつも念頭にあるのですが、気力体力が充分ではなくネット上でときおり活動報告をみさせてもらうに留まっております。
Posted by 堀内 at 2005年05月12日 17:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

やはりエシュロンと防衛庁に関係か
Excerpt: 昨年12月20日に投稿した記事にコメントをいただいていることに気づいた。 行政機密だからマスコミ特にテレビでは話題にならないようになっているのだろう。 あるサイトによると新聞でも独自記事は8パーセ..
Weblog: 豹の思いつき
Tracked: 2005-05-12 17:39

盗聴対策マニュアルランキング
Excerpt: 偵、興信所、調査会社に依頼する前に安価で入手できる優良な復縁、浮気調査、盗聴対策マニュアルをランキング別に紹介
Weblog: 復縁、浮気調査、盗聴対策マニュアルランキング
Tracked: 2008-12-10 10:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。