2009年11月09日

鳩山首相の友愛精神は祖父譲り

1954年12月民主党の鳩山一郎は自由党の吉田茂(麻生太郎の祖父)内閣を総辞職に追い込んだ
翌年1月に衆議院を解散
選挙の第一声(@仙台)では「友愛精神によって共産国家とも国交を回復する」とソ連との国交回復を公約にした

55年後に自民党を下野させた鳩山由紀夫首相も友愛精神、対中外交重視の姿勢を見せている

昨年6月の川崎遊説の際にわざわざ日枝神社に立ち寄り、祖父直筆の額を見納めたことといい、首相は脳裏に祖父の言動を反芻すること多しなのではないか

参考文献 朝日新聞夕刊「検証 昭和報道143」2009.11.4

2009.11.9月曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:政治
posted by 堀内悟 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。