2009年09月20日

気になる本20090920

三宅勝久『自衛隊という密室―いじめと暴力、腐敗の現場から』
高文研 1680円
三年連続百人を超える自殺者、脱走・暴力事件の頻発、随意契約に潜む汚職事件。警察予備隊発足から来年で六十年を迎える今、自衛隊の内部で何が起きているのか?

2009.9.20日曜
ラベル:
posted by 堀内悟 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。