2009年09月11日

「猫プログラミング」有意思

 今日CodeZineで長期連載中のマンガ「猫プログラミング」の存在を初めて知り、読んでみて、一気にはまった。中国語で「おもしろい」を「有意思(ヨウイース)」というけれどこの言葉が示唆するような、ガハハ、ウハハと笑い飛ばすだけで終わるんじゃなくてニンマリする部分も含めた奥が深いおもしろさがある。毎回作者の柳井政和氏のエッセイが付されており、これが本当にためになる。自分もこういうふうにものごとの感想を書けるようになりたいものだと思わせられる。まだ二十回余りしか読んでいないが、先が楽しみだ。オブジェクト指向プログラミングをかじったことのある人なら余計に楽しく読めるような内容を維持しているのかどうかにも興味がある。

2009.9.11金曜

Good books, good life.
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:マンガ
posted by 堀内悟 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。