2009年08月18日

気になる本20090818

『くたばれ竹中平蔵論──さらに失われる十年』藤澤昌一 駒草出版
郵政改革をはじめ、国民に犠牲を払うことを要求した小泉純一郎の悪政に拍車をかけた竹中平蔵。彼は我々から340兆円と幸せを奪っていった。

『売国者たちの末路 私たちは国家の暴力と闘う』副島隆彦、植草一秀 祥伝社
*小泉・竹中政治の闇と終幕 *「小沢一郎攻撃」を命じた者 *財務省利権の正体 *地獄へ向かう世界経済──日本を苦しめる悪を許すな!

2009.8.18火曜
ラベル: 政治 経済
posted by 堀内悟 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。