2009年03月09日

WBC 2009:韓国戦の感想と1位決定戦の予想

3月7日土曜日
韓国2−14日本 7回コールド

勝因
韓国の先発投手キム・ガンヒョンの不調
イチローの復調
内川、村田の活躍(その前提としての原監督の選手起用)

 予想外の大勝に大満足。特に横浜ベイスターズファンとして内川の代表デビュー戦を飾る鮮烈なタイムリーツーベースと村田の二戦連続となる3ランホームランにしびれた(テレビ中継中のリプレイ映像で見られた)。横浜ファンは鼻高々。気分ぽこぽこ。唯一気がかりなのはこれでナベツネが二人をよけいにほしがるということ。

 1位決定戦も負ける気がしない。3−1で日本と予想する。岩隈、ダルビッシュがともに打ち込まれる可能性は低い。(2009.3.9月)

売れてるたべもの&のみもの
Good books, good life.
音楽ベストセラーランキング
エレクトロニクスのベストセラー
ブロードバンド、常時接続のお申込はこちら
ラベル:WBC 野球
posted by 堀内悟 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。