2009年02月06日

物権と債権をPerlの変数にたとえると

・物権=グローバル変数
世界中の誰に対しても主張することができる

・ふつうの債権=ダイナミック変数(local変数)
特定の人(スコープ)に対してしか通用しないが、原則として他人に譲渡することができ、債務名義があれば執行可能、賃借権のように登記できる場合もある

・夫婦間の債権=レキシカル変数(my変数)
ほとんどの場合うちわだけの問題で赤の他人への譲渡はありえず、債務名義、確定判決のような大げさな話にはならない。スコープが狭く、外から見えない

(2009.2.6金)

売れてるたべもの&のみもの
書籍ベストセラーランキング
音楽ベストセラーランキング
エレクトロニクスのベストセラー
ブロードバンド、常時接続のお申込はこちら
posted by 堀内悟 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。