2008年12月17日

レオ・ブルース『ロープとリングの事件』読了

 本編自体は三、四日前に読み終えていたぽこ。今日は解説を読んだぽこ。

 ヘアーの『英国風の殺人』ほど楽しめなかったぽこ。解決までの過程に描き込まれる事件の背景とそこにたちのぼる雰囲気がちょっと味気なかったぽこ。パプリック・スクールの雰囲気をもっと活写してほしかったぽこ。いちばん残念なのは探偵ビーフとワトソン役タウンゼント双方に魅力を感じなかったことだぽこ。

 英国風の殺人を80点とすると本作は60点くらいだぽこ。(2008.12.17水)

売れてるたべもの&のみもの
書籍ベストセラーランキング
音楽ベストセラーランキング
エレクトロニクスのベストセラー
ブロードバンド、常時接続のお申込はこちら
posted by 堀内悟 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。