2008年10月20日

小説家はかわいそう

 昨日かおとといAmazon.co.jpにて桐野夏生の「光源」
という小説の読者レビューを読んだぽこ。
 率直な感想がこの記事の題名。「光源」はおそらく桐野夏生の最高傑作ではないかと考えられるほどすばらしい作品なのに、ストーリーがあまり展開せずにつまらない、と事実誤認もはなはだしい意見を述べる者もいるぽこ。この作品ほど人物の動きがエキサイティングなものもないのに退屈だという者もいるぽこ。
 小説をいかがわしいダイエット法やサプリメントと混同しているのではないかとうたがわざるをえない言い分もあるぽこ。小説に効能を求める態度。
 竹本健治も「ウロボロスの基礎論」で読者の観賞眼の低さに触れているけど、ほんとうに困った問題だと思うぽこ。
 「光源」についておもしろくないから勧めないよと他人に伝える人が多数派だとしたら愕然とするぽこ。(2008.10.20月)

書籍ベストセラーランキング
音楽ベストセラーランキング
エレクトロニクスのベストセラー
ブロードバンド、常時接続のお申込はこちら
ラベル:小説 桐野夏生
posted by 堀内悟 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。