2008年08月14日

裁判員制度:違憲訴訟は必至

 来年5月に裁判員制度が実施された後、裁判員に任命された人から違憲訴訟が起こされるのは必至だぽこ。裁判官がどういう理論を構築するか見物だぽこ。立法府の広範な裁量論なのか、比較衡量なのか、新理論なのか。(2008.8.14)

書籍ベストセラーランキング
音楽ベストセラーランキング
エレクトロニクスのベストセラー
ブロードバンド、常時接続のお申込はこちら
ラベル:裁判員制度 訴訟
posted by 堀内悟 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。