2014年02月11日

集団ストーカー問題についての詳しい考察

今日、盗聴・盗撮・防犯の情報ガードという探偵業者のウェブサイトに集団ストーカーに関する詳しい考察が掲載されているのを発見した。http://stalker.johoguard.com/

それはまだ通読していないが、
歯の中にマイクロチップが埋め込まれていて、それがマインドコントロールの原因になっているという説についての賛否を電話でうかがった。

携帯電話に出られた方(男性の声)と18時台に4分ほどお話した。
上の説はきっぱり否定された。歯を実際にレントゲン撮影して調べた顧客もいたそうだが、何も発見されなかったということである。ただ目視を超える微細な観察ではなかったようである。

レントゲン撮影をしてもらったこの顧客が本当に電磁波による異音の感覚、脳波の操作を受けていたとすると、マイクロチップは目では確認できないほど微小である、または、この顧客の場合は外部からの電磁波、超音波の照射だけで「症状」を作り出されていた例である、と推測する。

これまでに何度か書いてきたことだが、同一の現象を作り出すための方法は一つとは限らないという一般論を忘れてはいけない。被害者が原因は一つであると思い込むと、別の原因を想定している被害者を不用意に敵視しかねない。おそらく加害者はこうした不和、分裂が被害者間に生じ、被害者の大同団結がいつまでも果たせない状況が続くことを期待しているのだろう。



ラベル:電磁波 科学技術
posted by 堀内悟 at 18:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。