2011年11月21日

気になる本20111121:アレクサンダー・ベッシャー『RIM』

ここだけの話(just between you and me,)
アレクサンダー・ベッシャー『RIM』をまだ読んでいない
それどころか入手すらしていない

そろそろ読もうと思い
今朝Amazon.co.jpで検索したが
アスキーが出した日本語版は見つからない

以前検索した時は出てきたのに

これは……
陰謀じゃないか?

西暦2026年に関東大震災が起こり
ソニーのモリタアキオ会長が行方不明
東京大学バークレイ校のフランク・ゴビ博士が
会長を探しにネオトーキョーにやって来る(ソニー航空利用)

という内容がフキツ! ケシカラン!と認定され
隠密に抹殺処分されてしまったのではないか?

なぜ今まで読んでいなかったかというと
上記のあらすじから勝手に想像を膨らませて
それに酔っていたからなのだ(笑)
それに
ベッシャーのストーリーがその想像を上回る保証がないからなのだ(爆)

私の脳内ではモリタアキオ会長はロボットになっている
もしくはナディアのお兄さんと同じ状態になっているのだ
彼はおそらく宇宙シミュレーターに接続されて
技術・経営分野のチェックサムをやらされているのだろう

まずい
また読む気が薄れてきた

たぶん英語版では面白さが薄れてしまうんだがなあ
日本人が日本語で読むと余計に面白い小説は確かにあるのだ

※この小説は一部が『MACPOWER』で連載された後にアスキーから刊行された



ラベル:SF 小説
posted by 堀内悟 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。