2011年06月09日

立川談志と私の共通点

立川談志師匠と私の共通点

 わたしは落語についてはこれといった知識も経験もないけれど、わたしが昔ネット上でぶちまけた詩人の定義によれば落語家はまぎれもなく詩人の一種ということになる。

 つまり日々ことばの性質を探究し、それを完璧に操れる域に達するべく修行に励んでいるという点で共通性がある。

 そういう意味でわたしがおちゃらけ抜きに談志「師匠」と呼んでも罰は当たらないだろう。

 それはともかく、わたしにとってはもっと重要な共通点がある。さっきウィキペディアで師匠の記事を読んだがこの話は載っていなかった。この点でもここに書く意味があるだろう。

 その共通点とは、

 大型ネコ科動物のぬいぐるみをかわいがっている

 というものである。

 以前たしかテレビで談志師匠のお弟子さんがこんな話をしていた。

 「うちの師匠はライオンのぬいぐるみをかわいがっているんですよ。新弟子が入ると、そのぬいぐるみを紹介して、

 ライボウってんだ。かわいがってくれよ。

 と念を押すんです。」

 おそらくライボウに対して礼を失した弟子は即刻破門されるのだろう。

 なぜ談志師匠がライオンのぬいぐるみをかわいがっているのか。

 素直に推理すれば、それは師匠が故手塚治虫氏を尊敬しているからだろう。ライオンのぬいぐるみはジャングル大帝に由来するのではなかろうか。

 今ライオンのぬいぐるみといえば「うみねこのなく頃に」のさくたろうを想う人が多いのではないか。同じアニメの中のライオンでもレオとさくたろうでは大違いである。アニメも遠くに来たもんだ。そう感じざるを得ない。

2011.6.9木曜
ラベル:落語
posted by 堀内悟 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。