2011年05月31日

XOOPS Cube Legacy 2.1.08aの安装に失敗

 今日XOOPS Cube Legacy 2.1.08aをWindows 7マシンにインストールしようとしたがうまくいかなかった。
 MySQLのバージョンは5.5。PHPは5.3.6。

 インストールウィザードでインストールを開始した後、細かいトラブルがいくつかあってそれは乗り越えたが、データベーステーブル作成の失敗は解消できなかった。
 データベースのCREATE権限がないのか?と思ったが、目的のデータベースにはGRANT ALLを施している。

 グーグルで検索しても同じ症例で悩んでいる人はほとんどいないようだ。上の権限がないのではという指摘があるくらい。

 現時点では下のフォーラムにある情報が原因だと思っている。

XOOPS Cube日本サイトの利用者フォーラム
http://xoopscube.jp/forum/6835

 この中にPHP 5.3.xではXCLが動作しないという情報がある。

 これが本当の原因なら馬鹿らしくてやってられない(知らないって恐いわね(笑))。

 わざわざ古いバージョンのPHPを入れ直さなくてはならないのだろうか。溜息が出る。

2011.5.31火曜

追記 2011.5.31 22:03

PHPのダウンロードページをよく見たら次の警告があった。

If you are using PHP with Apache 1 or Apache2 from apache.org you need to use the VC6 versions of PHP

使用中のApacheは2.2だ。これが正解だった。

追記 2011.6.1 6:59
PHP 5.2.17.17をインストールしたらブラウザからphpファイルをクリックしても自動的に開かず、どのアプリで開くか尋ねるダイアログが出るようになってしまった。PHP 5.3.6ではこんなことはなかった。PHPの設定ファイルを調整する必要があるのだろうか。
posted by 堀内悟 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

開始看京極夏彦的『狂骨の夢』

 一昨日5月28日に京極夏彦の『狂骨の夢』(ノベルス版)を読み始めた。現在40頁まで進んだ。
 前二作の読み心地は大方忘れてしまったが、明らかにそれらよりも読みやすいのではと感じる。リズムがよい。
 関口はまだ出てこない。出てくるのかどうか。出てくるとしたらいつなのか。この関心がバックグラウンドタスクになった状態で読んでいる。

 伊佐間がマラリアに罹り死線をさまよった際に見たあの世の情景に触れて、昔私の親類が死に瀕した時お花畑を見たと語っていたのを思い出した。その人が三途の川も見たかどうかは忘れてしまったが、臨死体験のパターンに多様性が見られないのは興味深い。臨死状態では個々人がそれまでに得た情報や体験の集積を超越した民族的あるいはひょっとすると汎人類的なBIOSに該当する脳の領域がスキャンされるということなのだろうか。それとも三途の川やお花畑といった類型的イメージの刷り込みの有無に左右される問題なのだろうか。

 おそらく関口はこのようなことを四六時中考えているのだろう。

2011.5.30月曜
ラベル:小説 読書 文学
posted by 堀内悟 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

初めてパソコンで名刺を印刷した

 今夜、初めてパソコンで名刺を作成し印刷した。
 だが、うまくいかなかった。A4一枚に10枚の名刺がレイアウトされているのだが、一枚目で早くも印刷がおかしくなった。いちばん下の列の2枚が意図しない形で汚れてしまった。
 2枚目はさらに印刷汚れがひどかった。

 プリンタ(Dell 715w)のユーティリティーソフトでノズルを清掃したが改善しなかった。清掃は3回もやったのに問題が解決しなかった。

 結局、どうにかまともに印刷できたのが名刺17枚分になったところで作業をやめた。インクはほとんどなくなってしまった。

 黒とカラーのインク、合計4千円はしただろうか。名刺17枚分にしかならなかった。

<奇妙な点>
インク残量がユーティリティーソフトとアプリから呼び出したプリンタ設定ダイアログとで食い違っている。ダイアログでは残量はほぼ0なのにユーティリティーでは5分の1程度残っている。

2011.5.29日曜
posted by 堀内悟 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

環境改変兵器禁止条約の存在から言えること

同志社大学─環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約条文

 ウィキペディアから引用すると、

1977年5月18日、軍縮NGOの「環境制御会議(Environmental Modification Convention)」において気象兵器を制限する環境改変兵器禁止条約(環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約。Convention on the Prohibition of Military or Any Other Hostile Use of Environmental Modification Techniques。略称はENMOD)がジェノバにおいて締結された。

同条約に日本は1982年6月4日に国会承認をはたし、批准した。 同条約にはアメリカ合衆国も調印し、米国国防軍には1978年10月5日に適用された。

 この条約の存在は何を語るのか。
 それは地震兵器を含む気象兵器がけっして絵空事ではなく、実際に禁止条約を定めなくてはいけないほどの現実性があるということだ。
 気象兵器は、小説家がふと思いついただけの空想ではなく、すでに実在するか、あるいはいつでも開発が可能な状態にある代物だということだ。

 だから、地震兵器をとんでも扱いするのは無理がある。まして地震兵器の存在を訴える人を狂人扱いすることは断じて許されないことなのである。

2011.5.28土曜
posted by 堀内悟 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京のマスク着用率1割に満たず

 5月23日(月)に山手線と京浜東北線に乗って乗客のマスク着用率を目測したところ、5%にも満たなかった。
 21時台の京浜東北線では視界に入った約40人の中にマスクをつけた者は一人もいなかった。

 観察した時間帯は17時および21時台。
 17時台 川崎→品川 品川→新宿
 21時台 新宿→品川 品川→川崎

2011.5.28土曜

追記 2012.6.28



2011年4月27日には川崎市内で1マイクロシーベルトを超えた
0.5マイクロシーベルトを超えたらコンクリートの建物に屋内退避しなくてはいけないといわれている
広報が不足していたと考えられる

http://togetter.com/li/288714
posted by 堀内悟 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

TBC東北放送ラジオがHAARP=地震兵器説を放送していた



放送内容のテキスト
http://anond.hatelabo.jp/20110502224905

TBC東北放送ラジオの「デイクリック」がHAARPについて伝えていた。HAARPが地震兵器であることを明言している。

2011.5.24火曜
posted by 堀内悟 at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHKが電磁波兵器の番組を放送する予定

NHK番組表
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2011-05-25&ch=11&eid=28026

BS世界のドキュメンタリー▽電磁パルスの脅威に備えるリーダーのための最新科学
チャンネル:BS1
放送日:2011年5月26日(木)
放送時間:午前0:00〜午前0:50(50分)

専門家が電磁パルス(EMP)爆弾について解説する

2011.5.24火曜
ラベル:電磁波 テレビ NHK
posted by 堀内悟 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

森達也×高橋源一郎対談を見てきた

 今夜7時から東京新宿紀伊国屋サザンシアターで行われた森達也×高橋源一郎対談「オウム、原発、東日本大震災・・・・・・ この社会が目をそむけてきたこと。そして目をそむけてはいけないこと。」を見てきた。
 両氏を生で見るのは初めてだった。テレビや新聞で見る印象と特に変わったことはなかった。
 高橋先生は頭が白髪交じりになっていたが十数年前NHK(教育テレビ?)に出演して文学講義をしていた時と同じくモダンな雰囲気だった。
 森先生(森さんは先生と呼ばれるのが好きではないようだ)は、テレビの画面でしゃべっているのを拝見した記憶はないのだが、朝日新聞に載る顔写真から想像するよりもソフトな語り口だった。
 対談は8時15分頃まで続き、その後観客二人からの質疑とその応答を終えた30分ごろに閉会した。

2011.5.23月曜
posted by 堀内悟 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

川上弘美「七夜物語」連載終了

 5月5日、朝日新聞朝刊に連載されていた川上弘美さんの「七夜物語」が完結した。
 わたしは一時期この小説を読む余裕すらなかったので話の筋がつながっていない部分がある。しかし、終盤は毎日読むことができた。身につまされるメッセージも多く、少し居心地が悪くなった。金の輪には苦笑せざるを得なかったが腹は立たなかった。
 連載が始まって間もない頃、ひどいタイトルの記事をここに書いてしまった。あれは感じたことをクッションを置かずに書いてしまったもので、よからぬ考えは微塵もない。
 ただ、振り返って客観するに、どうもわたしは(斎藤美奈子さんも含めた)ちょっと気になる年上の女性にきついことを言いがちなようだ。甘えの一形態だといえるだろう。これはわたしに姉がいないせいなのだろうか。
 「七夜物語」に話を戻すと、この小説はいろいろと考えさせられるところが多いよい作品だ。<文章のみによる総合芸術としての小説>を感じた。先日このブログにヒッグス粒子は光子の同位体ではないかという思いつきを書いたが、実はこの思いつきの契機となったのはこの小説のクライマックスである光と影との闘いなのである。
 仄田くんが性格を二の次にして美しい子供たちに心奪われるくだりなどは、外見と内面の美醜の二次元マトリクス問題が要素となっていて、「風と共に去りぬ」のように人間が存在し続ける限り常に向き合わねばならない普遍かつ原理的な問題をわたしたちに突きつけている、といえる。
 ヘンタイよいこにもふつうのよいこにも読んでほしい作品だ。

2011.5.22日曜
ラベル:文学 小説
posted by 堀内悟 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紙の本・新聞は絶対になくしてはならない

電子書籍、電子新聞が徐々に勢いを増している
紙メディアが希少なものになる可能性がある

1990年代のJ-R&Bブームの時にはアナログ盤を出すのが
人気アーティストのステータスだった

紙の本を出せるのは突出した人気作家だけ
そのような状況の到来も十分ありうる

新聞の場合、配送システムが読者の家に及んでいる
電子新聞の購読料を紙新聞より大幅に安くしたときには
システム維持に必要な読者数(紙)が確保できなくなるかもしれない

古今の出版物が100%電子化されたらとても危険な状態になる
歴史修正主義に対する免疫力が低下した状態だ

日本のアジア侵略もアメリカの原爆投下も
都合のよいように勝手に書き換えられてしまう
書き換えられたことの検証も難しい

紙の出版物はなくしてはならない

2011.5.22日曜
ラベル: 文化
posted by 堀内悟 at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

2011初扇風機

今日は暑いぽこ
扇風機を急遽掃除して
今年初めて稼動させたぽこ
室温26度台だったけど
至近距離で風に当たっても
冷えすぎることはなかったぽこ

2011.5.21土曜
ラベル:扇風機 天気
posted by 堀内悟 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

ムーンライダーズ史上最低の一曲とは

・「Instant Shangri-La」はサイテーの曲
 『ムーンライダーズの夜』(1995年)に入っているこの歌はムーンライダーズの中で外形上最低の曲だ。歌詞の内容はともかくその字余りぶり、サウンド・歌唱とのコンビネーションがひどい。やっつけ仕事にしか思えない。カラオケボックスで素人のおっさんが歌っているだけに聞こえる。

 しかし、これは意図的なものだろう。

 この歌はオウム真理教を批判する歌だ。理想郷は高速道路を飛ばして簡単に行けるような場所にはない、散開しろと歌っている。

 この作品の安っぽい造りはオウムのサティアンの張りぼてぶりを内面化した上で再構築したものではないだろうか?

 そう考えるとこれはムーンライダーズの真骨頂というべきだろう。「Instant Shangri-La」はムーンライダーズらしさという観点からすると最高傑作のひとつと言える。

 真実はどうであれ、こういう逆転の解釈が生じうるところもムーンライダーズらしい。

・教訓=一般化
最低のものを描いた作品が最低であるとは限らない
→最低のものの最低ぶりを再現した最低の作品でもその最低ぶりの在り方が最高であることがある

 さらに言うと、

 サイテーのものを生んだものこそ真のサイテーではないか?

2011.5.16月曜

posted by 堀内悟 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

ゲーデルもおかしくなっていた

 数日前から新潮文庫『フェルマーの最終定理』を読んでいる。今ゲーデルの不完全性定理が登場したところだ。
 この本によるとゲーデルは被害妄想に苦しんだ時期があったそうだ。資本論、比較言語学、数学……。この世界には人をおかしくさせるものが溢れている。
 わたしはおかしくならないように適宜ぽこに変身するようにしている。だが、他人が見たらぽこになっている状態こそおかしくなった状態なのかもしれない。
 これは量子物理学〜ヒッグス粒子の特定にも通じる奥深い問題だ。あまり考えすぎないようにした方がよさそうだ。

2011.5.14土曜


ラベル:数学
posted by 堀内悟 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

予想:ヒッグス粒子は永遠に見つからない

 昨日の朝日新聞朝刊に、4月に世界を駆け巡った「ヒッグス粒子発見」が誤報だったことについての記事が載っていた。
 わたしはその一報すら知らなかった。ヒッグス粒子なるものもふだん意識してこなかった。

 しかし、その記事は単なる訂正記事ではなく、この粒子を探し求める研究の背景も解説していたので素人のわたしでも楽しく読めた。

 そして合計すると三十分ほどのにわか勉強をして以下の結論に達した。

結論
・ヒッグス粒子は永遠に見つからない
・見つかってもそれは仮ヒッグス粒子でしかない
(イカ天でいう仮イカ天キング、高橋源一郎風にいえば『ヒッグス粒子』)

根拠
現行の素粒子物理学は素粒子の大きさを無限小と仮定している

重力子はマスレス=質量0だと仮定している

質量とエネルギーは等価(E=M * C^2)なので重力子はエネルギーがないことになる

エネルギーが0であるものをどうやって観測するのか?という矛盾発生

この矛盾のために物理学者はヒッグス粒子の同定に控除説を採用している
つまり陽子同士の亜光速での衝突によるヒッグス粒子崩壊現象の総体から
既知の粒子による要素を控除した残余をヒッグス粒子に帰納させている

この方法論は「それは本当に本物のヒッグス粒子なの?」という疑問に耐えられない

わたしの直観だと
ヒッグス粒子は飛び出してきた光子そのものである
つまり光子と重力子は一心同体なのだ
だから両者を別異のものとして探求しても無駄なのである

2011.5.13金曜
ラベル:科学 物理学
posted by 堀内悟 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

モナ・リザの暗号:橋の上の72の秘密

 昨夜、レオナルド・ダ・ヴィンチのモナ・リザの橋の上に72という数字が描かれていることについてひらめいた。今朝英語でそのアイデアをしたためた。

 以下その翻訳。

 レオナルドは「数学者だけが私の芸術を理解できる」と言い残したことを思い出してほしい。
 72は特別かつ面白い数字である。

 72=2^3 * 3^2

 つまり、72は次の形式を持った数字なのだ。

 a^b * b^a

 なぜ橋の上に72なのか?

 私見ではこれには少なくとも二つの意味がある。

 72は鏡文字のような反転の数字である。
 橋は二つの異なる事物の間にあるものの象徴である。

 何が反転しているのか? 何が橋によって結ばれているのか?

 そう、それは性別、男と女である。

 レオナルドはホモセクシュアルであったと多くの歴史家が推定していることを思い出してほしい。
 だから私たちは橋の上の72は彼のセクシュアリティーの仄めかしだと考えられる。
 男と女を結ぶ橋のアーチの上ということは、レオナルドはバイセクシュアルだったと考えるべきなのだろうか?

 この点に加えて、72は彼にとって重要な数字であると言うべきである。
 というのは、1472年に彼は聖ルカ組合という美術と医術の組合の親方として登録されたからだ。言い換えるなら、この年に彼は美術の世界への橋を渡ったと言える。

結論
72はレオナルドのセクシュアリティーと職歴の仄めかしである。

2011.5.12木曜
posted by 堀内悟 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

浜岡原発停止は歴史的快挙

浜岡原発数日中に停止──朝日新聞朝刊
歴史的快挙だ
菅首相を賞賛したい

自民党政権ではありえないことだ
政権交代の成果だといえる

国民のための政治
そのための政治主導

状況の虜囚から環境の主体へ
対症療法から根本治療へ
主導権を発揮したパラダイムシフト
象徴的な意味は鳩山首相の東アジア共同体と共通する

つぶさに推考すれば危惧すべき暗闘も窺える
カモフラージュだという批判も現にある

しかし政治的シンボリズムは本質を見る
原発停止はカイワレパフォーマンスとは違う
その意味は大きくて深い

国難は続いている
喝采はしない
大きな拍手を贈りたい

2011.5.10火曜
ラベル:政治 原発 災害
posted by 堀内悟 at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

ニュージーランド大地震=HAARP説の証拠ビデオ



大震災がHAARPによるものだと主張する人は虹色の雲を証拠に挙げている
このビデオにはその雲が写っている
しかもHAARPのアンテナから電光が出る場面まである

2011.5.9月曜
posted by 堀内悟 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

ロード・オブ・ザ・リング:ミナス・モルグルの緑色光はHAARP?

昨夜DVDで映画『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』を見た。
ミナス・モルグルという死の都が出てきた
この都から不気味な緑色の光が上空に向けて放射される場面があった
らせん状に立ち上る光の渦

これは今でいうHAARPではないだろうか?
現実界のHAARPの光が何色なのか知らないが
緑色はオーロラと同じであることに注意すべきだ
HAARPの正式名は高周波活性オーロラ調査プログラム

Wikipedia HAARP

この映画の撮影はニュージーランドで行われた
ニュージーランドは今年2月22日大震災に遭った
2011.2.22→22222

東日本大震災は2011.3.11
9月11日のきっかり半年後
数字を足すと18→666

3月11日は2月22日の17日後
11 13(2+11) 17
これらの日付には素数が含まれている

こういったもろもろの要素を総合すると
一連の大震災は人為的なものである可能性が高い
そういわざるをえない

2011.5.7土曜
posted by 堀内悟 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

電子書籍自作=「自炊」の背景

「自炊」の背景

数週間前、電子書籍の自作=「自炊」だと知った

新しい電子トレンドなのにサイバー感覚0
生活感がにじみ出ているレトロなことば
ギャップが大きくておかしみがある(Good!)

三丁目の夕日の世界を連想する
(個人的には子供時代の宮城鳴子/ラドン温泉での自炊)

PC、携帯情報端末の日常生活への浸透が背景
新しいものと古めかしいものとの混在
「懐かしい未来」

電子書籍の前に500年以上の本の歴史
その前は羊皮紙、巻物
フラットでシリアルなhtmlテキスト=情報から
ページという区切り=間=優雅さを有したオブジェクトへ

個体発生は系統発生を繰り返す
電子文化の歴史は人類の歴史を繰り返す=フラクタル

結論
「自炊」は電子書籍の自己模倣性の表象

2011.5.4水曜
ラベル:言葉 文化
posted by 堀内悟 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

IE9安装

今夜IE8をIE9にした
Chrome風のデザイン
動作も軽快

HTML5によるクリッカブルマップも
正しく表示されひと安心

2011.5.2月曜
posted by 堀内悟 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。