2011年01月15日

痴漢でっち上げビジネスが実在するらしい

実在する痴漢でっち上げビジネス「裏工作屋
http://urayamaneko.seesaa.net/article/116454081.html

植草一秀さんの手鏡事件や痴漢逮捕事件に直結する恐るべき実態だといわざるをえない。私は寡聞にしてまだこの問題に関するマスコミ報道例を知らない。マスコミがスポンサーである企業群の意向を受けて消極的隠蔽に加担していなければいいのだが。

2011.1.15土曜

&Amazon.co.jp(Good Books, Good Life);
インターネットするならBフレッツがお勧め。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団ストーカー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Perfume「スウィートドーナッツ」はGJ!

 12日深夜(日付は13日)、ぽこぽこ音楽館のリストに、
 
 Perfume「スウィートドーナッツ」
 
 があるのを発見した。自分で書いたリストだから発見というのはおかしな表現だけれど、この曲のことをすっかり忘れていて、PerfumeってあのPerfumeなの?と思うくらいだった、ということになる。
 
 曲名の横には、
 
 //サクサクしたキャッチーさがいいかもしれない
 
 という一口メモがくっついている。
 
 幸運にもこの曲のビデオがYouTubeで見つかった。※公式ビデオではないようなのでリンクはしない

 聴いてみるととてもキャッチーですばらしい。ボーカル・エフェクトもささやかで「原声」のキュートさを引き立てる効果をもたらすことに徹している。

 この歌は、ぱふゅーむ改めPerfumeの第1弾シングル(2003年08月06日発売)らしい。
 意外なことにこの時点ですでに中田ヤスタカ氏がサウンドプロデュースを担当しているという(Wikipediaの記事参照)。

 このブログ記事を書こうと思った動機には、「Perfumeの歌=死んだ魚」発言はいくらなんでも遠慮がなさすぎたかなあ、という反省が含まれているので、よけいなことは言わない方がよいのだろうが、

 「スウィートドーナッツ」のPerfumeはシンガー
 今時のPerfumeはボーカルを貸すパーツモデル

 という印象が今回生じてしまった。あくまでもダンスパフォーマンスやもろもろのアートディレクションを捨象した上での意見だけど、わたしは「スウィートドーナッツ」の方が断然好きだ。
 「スウィートドーナッツ」は聴き終わってもすぐにもう一度聴きたくなるのに対して、最近のPerfumeの曲は聴いてる最中にもういいやという気になってしまう。
Perfumeをしっかり認識したのは「Chocolate Disco」をラジオで最初に耳にした時なのだが、あの曲の持つ軽妙さがPerfumeのみならずテクノポップの本領だと思うので、あまりシリアスにしない方がよいと思う。

2011.1.15土曜

&Amazon.co.jp(Good Books, Good Life);
インターネットするならBフレッツがお勧め。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。