2010年04月30日

NTREGOPTで起動トラブルが解消

 NTREGOPTという無料ソフトでWindows XPパソコンのレジストリをコンパクトにまとめてから5日経った。この間起動と再起動を合わせて数回行ったが、すべて正常に起動した。起動トラブルの心配から解放されてほんとうにうれしい。起動時に自動的にレジストリのどこかが回復されるという現象もなくなった。バンザーイ!

 Firefoxを開いているタブの保存をしたうえで終了しても問題ない。やはりここの条件判断は関係ないだろう。

 推測するに、レジストリの断片化が著しかったために起動過程が錯綜しファイル処理がしっちゃかめっちゃかになってハングアップしていたというのが実情ではないだろうか。もしかしたらIDE先読み機能がオフになっていたこともそれに拍車をかけていたかもしれない。

 しかし考えてみるとレジストリ関係で苦労したのは今回が初めてだ。Windows 95/98ではパソコンが起動しなくて困ったことなんてなかった。XPという今でも広範に使用されている現役OSでどうしてこんな目に遭わなくてはいけないんだろう。セキュリティー面は強化されていても、身の丈にあった筋肉に例えられる根幹の堅牢性が伴っていないということなのだろうか。それともこのマシンが元々Windows 2000プリインストールマシンのせいだろうか。

※本ブログの読者の皆様へ
わたしの場合は無事問題が解決し喜ばしい結果となっていますが、パソコンによってはかえって事態を悪化させ、OSの再インストールが必要になる可能性が0ではないと考えられます。上記ソフトをご利用なさるときはファイルのバックアップを取った上で実行した方がよいでしょう。

2010.4.30金曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

レジストリのデフラグ初実行

 今朝またパソコンが起動しなかった。四度目の通電の際にBIOS設定画面に入って以下の変更を行った。

IDEリード・プリフェッチをする
起動時のメモリ検査をする
起動時に有効なキーの画面表示をする
ほか

 この変更が効果的だったのかどうかはわからないが、設定プログラムを抜け出して起動を続行したところ無事Windowsが立ち上がり、レジストリの回復を報告するダイアログが出た。

「ログまたは代替コピーを使用して、レジストリーデータベースの内のファイルの1つを回復しなけれ ばなりませんでした。ファイルは正しく回復されました」

 ここで前から気になっていたことを調べなくてはならないと思った。回復されたレジストリはなんなのか、それを確認するにはどうすればいいのかということである。

 グーグルで検索したところ、目当ての内容を含むものではないが以下のページが見つかった。
http://okwave.jp/qa/q1143721.html

 このページでは起動時にレジストリの回復が毎回行われるという症状の解消方法が質問されている。回答を読み、レジストリのデフラグを行うフリ−ソフトNTREGOPTを知った。

 回答者はこのソフトの使用により上記の問題が解決したと述べているので、回復されるレジストリの正体はおいといて、ひとまずこのソフトを利用してみようと思った。

NTREGOPTの紹介記事
http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/ntregopt-76f3.html

 この記事を読み不安が払拭されたのですぐに下戴し、実行した。ソフトの説明書にあるレジストリの内容はいっさい変更しないという文言も安心材料となった。

 1分ほどでプログラムは処理を終え、以下の事実を報告した。

 31719424 -> 28479488バイト 10%縮減

 先日行ったハードディスクのデフラグではレジストリの断片化は解消しないらしいので、これで起動トラブルが解消してくれないかと期待している。

2010.4.25日曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

起動恐怖症

 この一週間パソコンの不良のせいで精神的に疲れた。

4月16日
デフラグ後初めて起動トラブル発生。二度失敗した後15分ほど放置したところなぜか冷却ファンがうなったので、パソコン内部が十分に暖まったのだろうと思いオルトコントロールデリートを押して再起動。無事に起動しレジストリが回復された。

その後自分で決めたシステム終了時の作法を守ったので起動不良は起きなかったが、18日か19日に再起動中に無反応状態になるという新たな事態が発生。

起動不良を繰り返した挙句にようやく正常に起動したので久しぶりにWindows Updateを実行。

その後は起動トラブルは起きていない。

ハードディスクを搭載したパソコンを使い始めてから17年経つが、OSが起動しないという症状に苦しんだのは初めて。とても疲れた。

現時点でいちばん気をつけているのはFirefox終了時に開いているサイトの保存をしないということ。開いているサイトの情報はレジストリに保存されるわけではないようだが、どうしてもこの件が気にかかる。

2010.4.22木曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:Windows パソコン
posted by 堀内悟 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

acer Aspire 5720GでGyaoを明るく見る方法

 Gyaoが今日まで配信している映画「ハムレット」(1996年イギリス)を昨日と今日の二回に分けて視聴した。
 DRMの事情によりNetvistaとWMP9では再生できないので、acer Aspire 5720G上のIE7で見たのだが、再生を始めても画面が真っ暗でなにも見えなかった。視聴をいったんあきらめかけたものの、以前「大魔神」視聴時に同じ状況で四苦八苦した際には行わなかった画面調整をしたところこの問題を解決できた。

Aspire 5720GでGyaoの動画を明るく見る方法
1コントロールパネルの「NVIDIA」を開く
2「デスクトップカラーの調整」画面で明るさやガンマ値を上げる

 今まで動画を明るくするのだからと同コントロールパネルのビデオの項目で明るさを上げていた。しかしそれではなんの効果も得られなかった。演繹的推論が災いしていた。

2010.4.15木曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:Gyao パソコン
posted by 堀内悟 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

木村拓也の死:占いはバカにできない

 ジャイアンツの木村拓也コーチの若すぎる死。広島球場での卒倒が報じられてからわたしもずっと気にかかっていたが残念な結果になってしまった。わたしより4歳若く、しかも昨年まで現役選手として活躍していた人だけに、一野球ファンとしてよりもまず運動不足で太り気味の中年男性として他人事ではないと思っていた。

 ところが今日ウィキペディアで木村氏のページを読み、そこから意外な事実を知ることとなった。正直いって執筆中の今も静かに押し寄せる驚異の波動に震えている次第である。

 ウィキペディアを訪れたわたしはすぐに木村氏が4月に生まれ4月に亡くなった事実が気になった。氏はわたしと同じく4月生まれの牡羊座であった。

 ここで思い至ったのが以下の分析である。

牡羊座は頭部に身体エネルギーの大半が集中している
そのため頭部は強大だが腸は弱小である
両部位が人生の脅威となる致命的部位である
頭部に関しては脳出血、くも膜下出血になる可能性が大きい

参照サイト:
http://poesie.hp.infoseek.co.jp/Aries.htm

 非科学的な単なる偶然の一致だとはいえこの分析は完全に当たっている。あ然とするばかりだ。

 次に故人のカバラ誕生数と姓名数を調べた。

KIMURA TAKUYA 1972年4月15日生まれ
誕生数 11
高い理想を心に抱くだけでなくそれを実現してしまうほど有能な、人間離れした才能を有する

姓名数 4
規則性、正確性を必要とする仕事を計画的に実行する才能を有する

 氏はプロ野球というこの上なく激烈な競争社会で19年間も選手生活を続け、4千打数、1千本安打達成という立派な成績を残した。しかも投手以外のすべてのポジションをこなせる俊足強肩のスイッチヒッターという稀有な存在だった。記録と記憶双方を残した名選手といえる。カバラ誕生数、姓名数に関しても当たっているというべきである。

 実はわたしのカバラ誕生数も11なのである(姓名数は8)。一介のベータいやガンマブロガーであるわたしには木村氏と比較すべき業績などないが、星座とカバラ誕生数双方が一致する確率は、カバラ誕生数の分布が均等だと仮定しても132分の1しかないので思わずうなってしまった。

 星座とカバラ誕生数が同じで身長も1センチしか違わない木村拓也氏。末筆ながら氏のご冥福と遺族の方々のご多幸をつつしんで祈念したい。

2010.4.12月曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:野球 占い
posted by 堀内悟 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デフラグで起動時間20秒短縮

 先ほどNetVistaの起動時間を測ってみた。デスクトップ画面が出るまで1分50秒、常駐ソフトの読み込みを終えてハードディスクがカリカリいわなくなるまで2分40秒だった。3月31日の投稿ではそれぞれ2分と3分だったので明らかに短縮されている。先日行ったデフラグの効果だろう。
 これに加えてデフラグ実行後はWindowsの起動の失敗が一度もない。これまではフラグメンテーションにより起動プロセスが錯綜し、ファイル処理が頓挫していた可能性があると思われる。CPUの処理性能が低いためか現状でも起動中ハードディスクのアクセスが20秒以上途切れる場面がある。以前はこのような時間に純粋な起動プロセスとファイルアクセスプロセスの差配ができなくなることがあったのかもしれない。

2010.4.12月曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:Windows パソコン
posted by 堀内悟 at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

ウイルス検査とデフラグ実行

 9時40分頃から使用中のNetVistaにおいてウイルス検査とデフラグを続けて実行した。

AVGによるコンピュータ全体の検査
339540オブジェクト 所要時間2時間47分21秒

12時48分からCドライブ(HD)のデフラグ
使用領域 21.95GB 空き容量 10.06GB(31%)
全体の断片化20% ファイル断片化40%の状態で開始
約1時間で終了

この作業の動機
最近、PCに通電してもWindowsが起動しないことが増えてきた。
\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEMが存在しないか壊れているというメッセージが出ることもある。自動的に起動モード選択画面になる場合もある。後者の場合はセーフモードで起動後に再起動すれば正常に起動が完了していた。ところが今朝は前者の状態を二度ほど経た後に後者の方法を試すもアンダースコア記号が画面の左上隅で点滅したまま無反応に陥った。その後、前者の場合の画面において教示されていた、Windowsインストール用ディスクのセットアッププログラムによるシステムの修復を図るも、ログオン対象システムの入力後に無反応状態になり、この方法も断念せざるを得なかった。

 その後何度目かの通電で正常に起動し、その際にレジストリが自動的に修復された。
 おそらく昨夜のシステム終了時にレジストリが正常に書き換えられなかったのだと推測される。
 十数時間にわたる連続使用後に終了するときにはいったん再起動をし、それからシャットダウンした方がよいだろうと改めて思った。

 今回のウイルス検査とデフラグは、ウイルスとファイルの断片化による起動不能の可能性を極力排除するために実行した。上記のシャットダウンの際の所作は保険として習慣化したい。

2010.4.9金曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

4/4久しぶりにフロンターレの応援に行った

 おととい等々力競技場で川崎フロンターレ対FC東京の戦いを見てきた。前回見に行ったのはベッチーニョがいた頃だから1997か1998年。フロンターレというチーム名になっていたもののまだJFLに所属していた時代。観客も5千人ほどだった。
 おとといの観客は約2万2千人。隔世の感があった。14時の開門の12分前にゲート5の行列の最後尾に並んだのだが、実際に入場してみるとメインスタンドのホームAゾーンホーム寄りの区域は全部埋まってしまっていた。しかたなく同ゾーン・アウェイ寄りに移動し、前回の観戦と同じ位置から見ることにした。この区域はFC東京のサポーターも入り込んでいるので両側のサポーターが混在する状態だった。わたしの左の席に座った女性は東京側だったが川崎サポーターにはさまれる形だった。
 試合の展開はこの位置からの観戦に最適のものとなった。前半21分の鄭大世の先制のボレーシュートも、後半のリードを守るための守備陣の奮闘も間近に見ることができた。

 試合前、初めてコンコースを歩いてバックスタンド側の方まで行ってみた。前回の観戦時にはメインスタンド側からゴール裏、バックスタンド側へ回ることができたかどうか覚えていない。ふれあい小道というものは以前からあったのだろうか。
 バックスタンドの1階では熱心なサポーター集団が試合前の練習に出てきた選手の応援歌を合唱していた。グラウンドの見通しが悪いこともあり、のんびり観戦するには向かない位置だと思った。

 試合の展開の他にずっと気にしていたことが一つ。予報と違って試合中雨が時々ぽつぽつ降ってきたので傘もレインコートも持っていかなかったわたしは気が気ではなかった。反省点。

 川崎のスポーツチームがほぼ満員の観客の熱い声援を受けて勝利を収める姿を直に見ることができて有意義な一日だった。スタンドで麻雀、キャッチボール、犬の散歩が楽しめた川崎球場を知る川崎市民として感無量。

川崎2−1東京

2010.4.6火曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

MOSH:サクラエディタ用マクロを追加

 先ほどMOSHのプログラム庫にサクラエディタ用マクロを一つ追加したぽこ。
 選択したURLをFirefoxで開くためのマクロだぽこ。Firefoxを標準のブラウザに設定している人には不要なものだぽこ。ぽこみたいにFirefoxを標準のブラウザにしたくないけどURLはFirefoxで開きたいという人には便利なマクロだと思うぽこ。ぽこは毎日活用しているぽこ。

2010.4.5月曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

いらいらする時間

 今のところ最も日常的で最もいらいらする時間。それはADSLモデムに通電してから実際にインターネットに接続できるようになるまで待たなければいけない約25秒間。
 この間モデムに備わっている五つのランプのうち下から二番目の「ADSL」ランプの光が星のようにちらつき続ける。このちらつきがぴたっと止むのを待たないとインターネットに接続できない。見切り発車してモデムの管理画面内の接続ボタンを押してもエラーが出てしまう。
 椅子から立ち上がって他のことをして待つほど長くないのがやっかいでしかたない。

2010.4.1木曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:生活 パソコン
posted by 堀内悟 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。