2010年02月13日

山田洋次「家族」に落涙す

 2月12日金曜日11:30から映画を見た。場所は先日「グラン・トリノ」を見た時と同じチネチッタのチネ7。作品は山田洋次監督の「家族」(1970年)。
 
 タイトルが出たときから始終涙腺がゆるみっぱなしだった。八幡製鉄所や福山のコンビナートの姿が大写しになったところで早くも泣きそうになった。高度経済成長の真っただ中に工都川崎で生まれ、育ってきたわたしにとって、あのような巨大な工場の威容は好悪の感情をさしはさむ余地がないものであり、短いとも長いともいえない現時点での個人的歴史が万感のこもる急流に変わり胸に迫る、そんな圧倒的作用を引き起こすものであった。
 目を潤ませながら、長崎の伊王島から北海道の標津をめざし日本列島を縦断する一家の長旅を見守ったが、東京の動物園で老人(笠智衆)が、まんじゅうを店員からただでもらった孫の男の子に、おまえは乞食じゃない、ほしい物があったらじいちゃんにいえ、と諭す場面で涙がこぼれてしまった。わたしの場合、離乳食を作って食べさせてくれたのも、毎晩風呂に入れてくれたのも、毎朝幼稚園に送ってくれたのも祖父だった。夜には祖父母の間に敷かれた布団でぽこねむりしたものである。この場面は祖父にまつわるさまざまな郷愁と、子供が子供でいることのなんともやりきれないみじめな気持ち、子供の時分に戻れることになったとしても実際にそうすることをためらわせる、子供ならではのいたたまれない気持ちとを再び味わわせてくれた。
 大阪では万博会場のものすごい人波。北海道に渡るときは青函連絡船。今となっては第一に記録映画として光を放っている。北海道の開拓村に行く動機が長男(井川比佐志)の個人的なものでありイデオロギーが絡んでいない点も風化を防いでいる。老いた父親を長男と次男のどちらが引き取るのかという普遍的な問題も描かれている。「男はつらいよ」のレギュラー出演者その他のなつかしい顔触れのカメオ出演シーンではにやにやする人も多いだろう。プロットの縦軸が自然と強固なものになるロードムービーの利点がよく活かされているという点も誉めることができる。
 「泣ける」ではなく「思わず泣いてしまう」よい映画だった。

 「グラン・トリノ」との共通点がひとつ。双方ともカトリック教徒の家族の物語である。

2010.2.13土曜 00:02

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:川崎市 映画
posted by 堀内悟 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

電影「グラン・トリノ」を見た

 今夜(2月8日)川崎のチネチッタの中にあるチネ7(244席)でクリント・イーストウッド監督・主演作「グラン・トリノ」を見た。6時半から8時27分まで。毎日映画コンクールの授賞式が初めて川崎で行われることを記念しての上映会だった。この作品は同コンクールの外国映画ベストワン賞に選ばれている。

 今回初めて見たが、とても政治的かつ社会的な作品だった。グラン・トリノというアメリカを象徴するフォード車をモン族(ベトナムの山岳地帯の民族)の少年が受け継ぐことの意味。クリント・イーストウッドが演じるコワルスキーがポーランド系移民を先祖に持つ(と思われる)、その設定の必然性。暴力による問題解決を図った結果、引き起こされる悲劇(アメリカの軍事行動を連想しないわけにはいかない)。コワルスキーの反戦的真情。アメリカという国の成り立ち、宿業、悔恨を象徴するコワルスキーが最後に取った行動がアメリカの希望なのかどうか。
 暴力と人種差別の国アメリカの根の深い問題を箱庭的世界に凝縮した作品であり、笑える、泣ける、感動できる、といった浅薄な効能書きが許される類のものではない。エンタメでもアートでもないドキュメンタリーのようなフィクションといえるだろう。

 あえて乱暴かつむちゃくちゃなことをいうと、白人は×、黒人も×、アジア系特に女性は○かも(コワルスキーの担当医はアジア系の女性)、白人はいずれマイノリティーになってしまうけどアメリカは元々移民の国だからしかたなかろう、という短絡的まとめも一面では可能な作品だった。

 ぽこ的にはスーとユアという二人の女の子が両方とも可愛かったのが最大の収穫。スーちゃんは子豚系、ユアちゃんは長毛種のセレブ猫系。

2010.2.9火曜

追記(2010.12.29)

 模範解答的なまとめ方をすると、アメリカ人とは誰か? それは人種、性別ではなく、勤勉に働き、家族を大切にする人たちなのだ、というメッセージがあるのではないだろうか。コワルスキーはモン族の少年の働きぶりを見て、仕事道具と自慢の車を譲った。この男こそアメリカの男たりうると認めたのだと思う。

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

室温0度

 けさ8時半ごろ仏壇のある部屋に行って久生十蘭「魔都」を探したが、ここでも見つからなかった。室温0度。畳が氷の板のようだった。
 この部屋はもともと望み薄だったからいい。問題は北側の部屋である。6畳しかない小さな部屋の中になくてはならないのに見つからない。がらくたをひとつひとつ片付けていけば見つかるだろうか。この部屋をすっきりさせることは今年の目標にしなければなるまい。

2010.2.7日曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:探しもの 日記
posted by 堀内悟 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

家の中のどこかにあるはずの本

 昨夜ふだん閉めきっている部屋に入り、久生十蘭の「魔都」が収録されている本、たぶん三一書房の久生十蘭全集の中のある巻を探したのだが、見つからなかった。「魔都」は一度読んでいることだけはたしかに記憶しているのだが、それがいつだったかはまったく思い出せない。本の姿も思い出せない。

 同じようにあるはずなのに見当たらなくなってしまったものが他にもある。西岸良平の三丁目の夕日の3、10集である。どこにいってしまったのだろう。もしかして音信不通になって久しいN・Rに貸したままなのだろうか。

2010.2.6土曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル: マンガ 小説
posted by 堀内悟 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤマザキのつぶあんデニッシュ3個入り激うま

 昨日ヤマザキのつぶあんデニッシュ3個入りを夜に食べた。激しくうまい。ローソン100ストアではなく近所のスーパーで買った。98円だった。できることなら毎週買って食べたいのだが、かなわないことだろう。残念。

2010.2.6土曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:パン 製品 企業 会社
posted by 堀内悟 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

またもブックオフで馬場俊英

 昨日地元のブックオフにいたらまた馬場俊英の歌が流れた。入店してまもなく流れ始めた。昨年12月12日に秋葉原店に行ったときもかかった。そのときはあがた森魚の赤色エレジーまでかかった。
 昨日はハードオフ目当てで行ったのだがめぼしいものはなかった。ラジカセが500円くらいで売ってたら買おうと思っていたが、ラジオだけは聴けるSONYのCDラジオ(電源コードなし)が840円だったので買わなかった。
 代わりに安部公房、三丁目の夕日57集、行政争訟と行政法学増補版、外国ミステリー小説を購入してきた。

2010.2.3水曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

ブックオフで汗ばむ

 おとといブックオフ川崎モアーズ店に行き本を9冊買ってきた。この日まで使える100円引き券を使うためだった。安部公房、吉川英治、スタンダール、民事訴訟法と個人情報保護法に関する本を購入した。
 困ったことが一つ。本を選んでいるうちにだんだん暑くなってきて汗ばんでしまった。下着、シャツ、Vネックセーター、ジャンパーを着ていたがジャンパーのファスナーを全部おろし、シャツとセーターをつまんでぱたぱたあおり、元々開けていた襟から空気を通しても解消しない暑苦しさだった。
 推測だが室内温度は25度近くあったのではないだろうか。ブックオフが室内温度を調節できるのならもっと温度を下げてほしい。

2010.2.2火曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:ブックオフ 企業
posted by 堀内悟 at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。