2010年01月28日

一部可視化は百歩後退〜取調べ全面可視化を訴える市民集会報告

 昨夜6時から東京霞が関の弁護士会館講堂クレオBCで、「足利事件の録音テープから分かる取調べの実態 〜今こそ〜取調べの可視化の実現を」という市民集会(日本弁護士連合会主催)が開かれた。
 逮捕歴はないものの、警察官に「自首しろ、自首しろ」とささやかれて身の毛のよだつ体験をしたわたしもベータブロガーのはしくれとして聴講してきた。
 
 6時すぎから宮崎誠(崎の大の部分が立)日弁連会長の開会の挨拶。これに続き、進行次第にはなかったことだが、国会議員四名、つじ恵(民主衆院)、柴山昌彦(自民衆院)、松野信夫(民主参院)、網屋信介(民主衆院)の各氏が短い挨拶をした。

 18時15分から第1部「録音テープが語る足利事件の取調べの実態」。
 18時15分から44分まで足利事件の弁護人である佐藤博史弁護士が録音テープの意義について、取調べ、菅家さんの自白・無実の訴え(手紙)の関係をふまえて解説した。
 続いて19:08まで浜田寿美男奈良女子大学教授(発達心理学、供述分析)による録音テープの心理的分析。嘘の自白をした人の告白によると自白する瞬間は、その自白によって自分がどれだけ過酷な刑罰に処せられるかということは頭にない状態だそうである。また、菅家さんが法廷においても嘘の自白を維持したことは特筆すべきことであるものの、こういうケースは稀有ではなく、まま見られるという。

 このパート2が終了した19:09にサプライズゲスト登場。鈴木宗男衆院議員が会場にかけつけ、4分間語った。

 鈴木「足利事件の佐藤弁護士にはわたしも弁護してもらってます」

 鈴木氏は、どうして足寄という小さな町から国会議員が二人も出て二人とも逮捕されるんでしょう、ととぼけ口調で会場を笑わせた後、石川知裕議員およびその関係者への取調べの実態を語った。

「逮捕の対象とはなりえない、小さな子供がいる女性秘書も過酷な取調べを受けている。証人と参考人の取調べの可視化も必要」

 19:14から19:27まで菅家利和氏が(佐藤弁護士ではない別の)弁護士との対談形式で、21日の再審公判で録音テープを聴いたときの心境を中心に可視化が必要な事情を語った。公判では自分の声を聴くうちに取り調べ中のことを思い出し気分が悪くなったという。警察の取調べでは刑事に肘をぶつけられたそうである。検察だけでなく警察の任意同行の段階から録画をするようにしてほしいと訴えた。

 第2部は「緊急報告! 布川事件再審決定!!」。
 この事件の冤罪被害者である杉山卓男(19:30〜19:36)、桜井昌司(19:36〜19:40)の両氏が自らの体験を踏まえて全面可視化の必要性を訴えた。

 杉山「一部可視化では意味がない、かえって冤罪を招く」
 桜井「一部可視化は一歩前進ではなく"百歩後退"」

 杉山氏は冤罪を防ぐためには全面可視化に加えて証拠の開示も徹底させなければならないという指摘もした。
 また、桜井氏の話には警察・検察のおそるべきショッカーぶりを如実に伝える事実が含まれており震撼させられた。桜井氏は取調べにおいて物的証拠品を触らされそうになったという。もし言われるままに触っていたら指紋が付着し、それが犯行時についたものとみなされていた可能性があると語った。わたしは物証の捏造という点で狭山事件を連想した。
 パート2は本事件の弁護人である井浦謙二弁護士による事件報告。ここでも震撼すべき事実が明かされた。この事件では取調べの録音テープが取調べ官によって編集されていたという。それを証明するために音声分析の専門家による科学調査が必要であった、一部可視化ではこのような悪事があった場合に記録の証拠性の否定が困難を極めてしまうという訴えだった。
 桜井氏が語気を荒くして取調べをする側をののしっていたのも当然であるとわたしは思った。

 第3部は「えん罪被害者からの報告」
 パート1では志布志事件の冤罪被害者、川畑幸夫(さちお)(19:50〜19:54)、藤山忠(すなお)(19:54〜19:58)の両氏の取調べの体験談。
 パート2は富山・氷見事件の柳原浩氏の体験談。

 柳原「(犯行現場の見取り図を書かされた時は)あらかじめ鉛筆で書かれていた線をボールペンでなぞらされ、書き終わった後、消しゴムで鉛筆の線を消させられた」

 8時2分から5分間、日弁連取調べの可視化実現本部副本部長の小坂井久氏のまとめ。
「取調べの全面可視化なき状態での裁判員制度は片肺飛行のようなもの」

 8時8分から2分間、日弁連副会長の川崎達也氏の閉会挨拶があり集会が幕を閉じた。
 川崎「わたしもB型の分泌型、しかも年齢は菅家さんと同じ、事件当時足利にいたら菅家さんの二の舞になっていたかもしれないと考えると他人事ではなかった」

 この集会の政治的性質にあえてふれると、自民党はいろいろと屁理屈をいって可視化を阻んできた。政権交代が果たされた今こそ絶好の機会である、がんばろう!という雰囲気だった。冤罪被害者の発言からも自民党への恨み節が聞こえた。
 ただ、政府は現時点では今国会において取調べ全面可視化を目指していないという。そのため取調べの全面可視化を実現する議員連盟が今日の午前11時に総会を開く予定だという。民主党の政策上の苦戦の原因は消費税増税の凍結にあるが、取調べ全面可視化は増税が不要な事案である。早急に実現の意思を固めてほしいものである。

2010.1.28木曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

鳩山首相もミッキー安川氏の葬儀に参列

 昨日横浜市内で営まれたミッキー安川氏の葬儀に鳩山首相夫妻も参列した。

 鳩山首相はおそらく安川氏が政権交代実現に果たした役割を正当に評価しているだろう。安川氏の番組のファンは、番組に寄せられる意見から判断すると、自民党支持層が多いようだ。保守層に長年支持されてきた安川氏の「いちど民主党にやらせるしかないんですよ、自民党がめちゃくちゃにしちゃったんだから」という度重なる発言が彼らにどれだけの影響を与えたのかを考えると、安川氏は政権交代の功労者の一人だと言うべきである。

 不謹慎なことを重々承知した上でいわせてもらうと、わたしは安川氏が昨年アメリカから帰国した後に体調をくずされたことが気にかかってしかたない。このブログでもすでにふれたことであるが、CIAに毒を盛られたんじゃないかと心配になる。

 アメリカは日本とは比べものにならないほど芸能人の影響力を重視している。ジョン・レノンのようなカリスマに比べれば安川氏の影響力は微々たるものだが、ミッキーさんがああいうなら今度だけは民主に入れるかと思った人もかなりいるだろうと考えられる。しかもラジオの聴取者は投票率が高い中高年層が主流なのである。クリントン大統領の就任式にも招待されるほどアメリカ通としてならした安川氏の「裏切り」が「日本州」の実質的支配者の逆鱗に触れた可能性が1%くらいはあるのではないか。そんな気がしてならない。

2010.1.25月曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!

ラベル:政治 芸能
posted by 堀内悟 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

『風と共に去りぬ』≒ネットブック

 先日読み終えた風と共に去りぬの一冊本の重さを量ったら約1215グラムあった。
 先ほどネットブックを買うとしたらどういうものがいいかとにわかに思い立ち価格コムを見たところ一番安いASUSのEee PCの一機種が1400グラムくらいだったのでそれを実感するために分厚い本をはかりに載せた。
 これくらいだとたいして気にならないが、できれば1キロを切るものがほしい。たぶん実際に購入するのは来年の春ごろなのでそれまでにSSDが大容量化してくれたらいいなと思っている。

2010.1.24日曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR川崎駅改札口増設決定

 1月22日川崎市はJR川崎駅の改札口の増設についてJR東日本と合意したと発表した。事業費の見通しは200〜300億円で市が5割か6割程度負担する。2011年度までに設計を終え、2012年度から工事を開始する。

 改札口は二つ増設されるみたいだぽこ。現在一つだけある大きな改札口の通路を挟んだ向かい側にひとつ、新設される北側の東西自由通路にひとつのようだぽこ。
 JR川崎駅の改札口に面した自由通路の怒涛のような人の流れに行く度にびびっているぽことしては、これで少しでも流れがやわらかくなってくれると助かるけど、市が100億円以上負担するのが大変だぽこ。市民一人あたり8千円以上だぽこ。ぽこも所得税をたくさん納められるように精進しなくてはいけないぽこ。

 ちなみにJR川崎駅の乗降客数は平均すると一日37万人であるらしいぽこ。

2010.1.24日曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:川崎 交通 鉄道
posted by 堀内悟 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

Firefox 3.6正式版リリース

Firefox 3.6が公開された

使用中のプラグインがこれに対応しているのかどうかがわからないのでアップデートは見送った

2010.1.22金曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『風と共に去りぬ』読了

マーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ』
大久保康雄、竹内道之助訳
新潮社 1993.2.20発行(全一冊)
開始 2009.11.9
読了 2010.1.22 午後10時台
1217頁(本編1204ページまで+訳者あとがき)
本編書式 25字×24行×2段組、全63章
 
2010.1.22金曜
posted by 堀内悟 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

ミッキー安川氏死去

 21:41、J-WAVEのジャム内のニュースで訃報を知った。これから民主党政権を守るための死闘が始まるところなのに亡くなられてしまい残念だ。民主党政権誕生に協力されたことに敬意を表したい。
 2004年のヘリコプター警察自首しろ事件のせいで寝たきりになっていたときミッキー氏のラジオ番組を聴くようになった。政治的信条がある点で正反対の私は腹の立つことも多かったが、芸能人としてはとても魅かれるものがあった。特に彼の歌う「Too Young」は大好きだった。
 ラジオをほんとうに愛していた人だった。ラジオを軽視する政治家を許さない人だった。彼の名が刻まれたラジオ史が永続するように切に願う。

2010.1.18月曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:政治 芸能 ラジオ
posted by 堀内悟 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風と共に去りぬ:第五部に入る

 昨日第四部(979頁まで)を読み終え、第五部に入った。おそらくこれが最後のパートだろう。
 これまでのパートと同様に第四部の終わりにも長いサスペンスの小団円が用意されていた。スカーレットとレットの関係が大きなステージに上ることとなった。同時にこの関係がどうなるのかが新たなサスペンスとなった。ウィルクス夫妻とともにハッピーエンドになるのか、その逆なのか、じわじわと恐れを感じるようになってきた。

2010.1.18月曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

『風と共に去りぬ』仕上げの読書計画

 昨日までに854頁に達した。今日を含めた残り9日間で読了することにした。一日40頁読めば実現する。
 その後は虚無への供物をがーっと読みたい。

 風と共に去りぬは書きとめておきたいと思う言葉が多いのだが、まず読み終えてから何年もかけてのんびりつまみ直すことにしたい。

2010.1.16土曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:小説 文学 読書
posted by 堀内悟 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川知裕議員の逮捕は外国人の選挙権つぶし?

 石川議員を今逮捕したのは18日から始まる通常国会において民主党を窮地に追い込むための策謀であるという見方が出てくるのは当然だろう(ぽこが100パーセントそう考えているわけではない)。特にその狙いの核心は外国人への地方選挙権付与をつぶすためであると思われる。
 いずれにしろ民主党政権を短命に終わらせるための有形無形の圧力が高まっているのはまちがいない。国民はマスコミがその先棒をかついでいないかじっくり見極めなくてはならない。派遣労働者は正社員よりも幸福感が強いなどという雑誌記事も出てきた。解雇されたらホームレスという福祉不在の状況を無自覚に選択してきた自らの蒙昧さを忘れないでもらいたい。

2010.1.16土曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:政治
posted by 堀内悟 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

電影《陽気なギャングが地球を回す》没意思

 晩上在Gyao看了《陽気なギャングが地球を回す》(2006年、配給:松竹)。5点満点中2点。

 小説も映画も名作といわれる作品は、おしなべて時代と共に移ろうものと時と場所を問わず変わることのない要素とがうまく織りあわされているものなのだが、この作品にはその妙味がない。察するに時代と社会を語らないというコンセプトのもとに作られたと思われるのでいたしかたないのだが、その方針を最大限尊重して合憲限定解釈ならぬ名作限定解釈をしても成瀬(大沢たかお)と雪子(鈴木京香)の恋愛の書き込みがあまりに足りない。二人の関係を陽気な強盗の明に対する暗といえるほどシリアスに描いてはこの作品全体のトーンが乱れるという自己抑制によるものだとは思うのだが、私がプロデューサーなら真に描き出すべき作品の本体は二転三転する強盗の顛末ではなく、大人の男女の恋愛だと明確にしていただろう。この決断があれば雪子の、傷つく(傷つける?)ことを恐れていては愛せない、という台詞ももっと印象的に演出されていたことだろう。このような重みのある台詞をさりげない絵の中にさりげなく語らせたところに監督のねらいはあるのだろうが、もっとアクセルを強く踏み込んでほしかったところである。
 ただ、約1時間半退屈さをまったく感じさせなかったという点で前田哲監督の技量は充分と評しておきたい。

2010.1.15金曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:映画 Gyao
posted by 堀内悟 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

無料オンラインストレージNドライブを知る

アサヒコム上の広告を経てCNET Japanの記事を読んだ。

quanpの5倍の容量を使えるのでいずれ利用したいぽこ。

2010.1.14木曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MOSH:佐藤聖子「シール」の感想掲載

 佐藤聖子のシールの感想というか単なる思い出というかとにかく数年ぶりに加筆したぽこ。数十字だけどMOSHの佐藤聖子全曲感想集を見てほしいぽこ。

 もともとこの企画は佐藤聖子の全曲をKJ法で分類した上で各グループ内の数曲を串刺し論評してコンパクトにまとめようと思っていたのが、カードを用意するのがめんどうで一曲ずつずるずる書き始めたためにいまだに完成していないという社会保険庁並みのずさんなありさまなんだぽこ。(善良な)談合コンサルタントになる前になんとかもっと目鼻をつけたいところだぽこ。

 それはそうと佐藤聖子がデビューしてから来週21日で満18年。時が経つのは早いものだぽこ。佐藤聖子の新曲が出なくなってから12年。愕然。

2010.1.14木曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウイルス検査に3時間

 午前から午後にかけてAVGによるぽこPCのウイルス検査を行った。約33万4千オブジェクトの検査に3時間3分24秒かかった。
 HDDの使用領域が20GBに満たないのに3時間もかかるのは困った現状だといわざるをえない。1TBだとどれだけかかるのだろう。SSDだと大幅に短縮できるのだろうか。
 ガンブラーへの感染を危惧して行った検査だったが、幸いウイルスはまったく検知されなかった。警告扱いのクッキーが多数見つかったので削除した。

2010.1.14木曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

電影《結婚案内ミステリー》十分有趣

 晩上在Gyao看了《結婚案内ミステリー》(1985年)。Sui然不是愉快的作品、也是十分有趣的。5点満点中4点。

2010.1.13水曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:Gyao 映画
posted by 堀内悟 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

Gyao:鋼の錬金術師38話はWMP9で見られた

 8日に鋼の錬金術師の更新があり38話の配信が始まった。もしやと思いためしにWMP9での再生をしてみたところ無事見ることができた。これ以降同様に見られるととても助かる。WMP+CRTだと暗い場面でもまともに鑑賞することができる。ブラウザ内のプレーヤーには明るさ調整機能がないのでCRTでも不便さが残る。

2010.1.12火曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:Gyao アニメ
posted by 堀内悟 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

Firefox 3.5.7リリース

 今日の午前0時台にFirefoxの更新の通知を画面上で受けたので即座にアップデートした。

2009.1.9土曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

電影「銀座の恋の物語」是名作

 今夜Gyaoの昭和TVが配信している「銀座の恋の物語」(1962年)を観た。この映画を観るのは初めて。石原裕次郎主演映画を観るのはたぶん二度目(過去には「太平洋ひとりぼっち」だけ)。
 期待以上の出来だった。GyaoではヤフーのIDを持っている人はログインすれば5段階評価や自由記述式のレビューを残せるようになっているけれど、迷いなく5点満点をつけたくなる出来栄えだった。
 恋愛、音楽、ヒッチコック風サスペンスの三拍子がそろっていて、戦後17年という時代もしっかり書き込んである。退屈な場面がまったくない。人物の出入りもよくできてるし、雰囲気の遷移や部分ごとの軽重のバランスも絶妙。日本映画の質は高いと感心した。
 芸術家の恋愛と結婚、理想と現実の相克という普遍的なテーマが土台になっているので風化しておらず、かつ人や街の昔の姿を見る喜びがあるというとても印象的な作品だった。

2010.1.8金曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:映画 Gyao
posted by 堀内悟 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

開始看中井英夫的《虚無への供物》

 晩上開始看中井英夫的《虚無への供物》(創元ライブラリ 中井英夫全集(1))。

2010.1.7木曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
posted by 堀内悟 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消費:物からサービスへ

民主党はコンクリートから人へというスローガンを掲げている
これを個人消費のレベルに延べると「物からサービスへ」となる
たとえばパソコンを買ったものの活用できていない人がパソコン教室に通う
運動不足の人がウォーキングやハイキングに出かける
外国語や料理を習ったりする

忙しい毎日の生活の気休めに刹那的な物欲を満たすのではなく
「時間を投資」する

これを実現するには政党が資本家の言いなりになるのを防止しなければいけない
ワークライフバランスを改善するには

1企業の政治献金の禁止
2消費税率引き上げによる福祉の向上

が必要である

統計によると30歳代の会社従業員の2割は週に60時間以上働いている

なぜか?

資本家がホームレスになりたくなかったら働け働け、
ただで残業しろと脅迫しているからである
(統計によると正社員の4割がサービス残業という奴隷労働を強いられている)

労働者は資本家というものは根本的に人間が大嫌いであることを肝に銘じるべきである
労働者は高性能なロボットができるまでの間に合わせなのである

日本の製造業従事者は千百万人いるが、将来半数は失業者になるだろう
つまり失業率は10パーセントを超えることになる

失業者を介護に従事させようという政府のたくらみがあるが
介護だけでなく農林漁業もロボットにより自動化される予定である

つまり

我々はそろそろ

働かざる者食うべからず

というテーゼを資本家の洗脳の道具としてとらえ直す必要がある

資本家は働いていない

なぜか?

人間をロボットにしているからである

資本家は従来奴隷の欲望を掻き立てることによって搾取の規模を増大させてきた

しかし彼らの目標は大転換点を迎えている

これからは世界資源の寡占化が目指されるだろう

高性能ロボットが完成したとき労働者は支配者の飼うペットの餌と化すだろう

それを避けるためには

ロボットのもたらす利益を共有化し
「働かなくても生活できる」状態を目指すべきなのだ

消費税率を引き上げ福祉を充実させれば
過剰な貯蓄は必要ない
そうなれば個人消費が増え景気がよくなる
消費税率を高くすれば消費が我が身を豊かにする事実を実感できる

人生を氷の張った海を歩いて渡ることに例えれば
消費税率を上げて福祉を充実させれば氷が厚くなる
ただ働きしろという資本家の脅しも効かなくなる
資本家は海に氷が張らなくても困らない
なぜなら彼らはジェット機でひとっ飛びだからである
資本家の事業はすべて貧困ビジネスなのだ

人類はそろそろ週休3日制の導入を検討した方がよい

資本家は週に3日も働いていない

2010.1.7木曜

&Amazon(Good Books, Good Life);
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:政治 経済
posted by 堀内悟 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。