2009年08月23日

サンデープロジェクト6党首討論の感想

 テレビ朝日のサンデープロジェクトの6党首討論を見聞き(途中からラジオで音だけ)した。

 投票日前に6党首が一堂に会するのはこれが最後みたいだけど、けっこう重要な重みを持つべき内容だった。

 連日民主党の圧勝予想が報じられる中で、ゆりもどし現象がおきるのではないかと危惧していたのだけれど、今日のこの討論会で自公は復調の芽を自ら摘んでしまったと思える。

 それはなによりも、核持込をめぐる密約の存在を自公両党主があらためて否定しきったことに因る。

 この発言は視聴者に大きな失望を与えたと思う。やっぱり自民党じゃ希望、展望がないと心底思ったことだろう。
 自民党支持者以外にとっては失笑を禁じえないありさまである。

 ぽこ予想では自公230(自民200、公明30)対民主230、連立でかろうじて政権奪取だったが、この番組を見て民主は250くらいいくんじゃないかという気になった。

2009.8.23日曜

Good books, good life.
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:政治
posted by 堀内悟 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。