2009年06月06日

看了《キャバレー》

 昨夜ギャオで角川春樹監督の「キャバレー」(1986年)を見たぽこ。

 とってもよい作品だったぽこ。百点満点で80点あげてもいいくらいだぽこ。

 薬師丸ひろ子が出ているから見たんだけど出演シーンはたったの十秒くらいだったぽこ(おーあーるずぃー)。

 まずコンセプトがしっかりしているぽこ。ジャズ映画だから話の流れ(ナラティブ)をスムースかつシルキーにという狙いがみごとに実現していたぽこ。角川春樹は才能あるぽこ。

 俳優陣の構成もよかったぽこ。野村宏伸が演じる主人公を意識的に浮き彫りにしなかったのが勝因だと思うぽこ。若手とベテランがお互いを引き立てあういい関係になっていたぽこ。

(2009.6.6土)

Good books, good life.
インターネットするなら「Bフレッツ」がおすすめ。工事費無料で申込受付中!
ラベル:ギャオ 映画
posted by 堀内悟 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。